思春期ニキビの原因と対処法とは?

中高生など思春期の時期に悩みとなるものといえば、思春期ニキビを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
額や頰など、顔の中でも目にはいる場所にニキビができることから、ニキビケアを取り入れていこうと決める人も多いと思います。
しかし、そのニキビケアで誤ったケアの方法を取り入れてしまうと、逆に悪化させてしまう可能性もあります。
そこで今回このページでは、お肌トラブルに悩む日々を送る思春期を送る10代の方々へ、思春期ニキビの原因やNGとされるニキビケアを見直し、正しいニキビケアの方法から予防方法について詳しく説明していきたいと思います。

思春期ニキビの原因

思春期ニキビができる原因をお話しする前に、そもそもなぜニキビができてしまうのか、見直していきましょう。
ニキビができる根本的な原因は、毛穴詰まりです。
何らかの原因で多く分泌されてしまった皮脂や古い角質、外部の汚れなどが毛穴に入り込み、いずれをもとにアクネ菌が増殖し、炎症を起き、進行してしまうとニキビとなっていきます。

ホルモンの分泌の活発化も原因

そして、思春期にできる思春期ニキビができる理由は「ホルモンの分泌の活発化」が挙げられます。
思春期は第二次性徴期にも当たる時期で、性ホルモン、成長ホルモンの分泌が活発になりやすい時期でもあります。
性ホルモンや成長ホルモンが活発に働くと、皮脂腺が刺激され、皮脂の分泌を促します。
より多く分泌した皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができてしまうのです。
そのため、ニキビが悩みとならないようにするためには、日頃からニキビケアを行なっておくことで、悪化して炎症を起こさないようにすることが重要なポイントとなります。

やってしまいがちなNGニキビケアとは

そして思春期はニキビが初めてできる時期でもあり、ニキビをどうすればいいか悩みを抱く人も多いと思います。
そのため、ニキビをどうにかしようと、悩みに悩み抜いた末に、ニキビケアを取り入れていく人も多いと思いますが、その多くは誤ったニキビケアであることが多い傾向です。
そこで、やってしまいがちなNGニキビケアとは何なのか見直していきましょう。

過度に洗顔をする

まずは過度に洗顔を行なっていくことです。
ニキビができると、ニキビの原因である皮脂を取り除くために一日に何回も強く洗顔をする人も多いと思いますが、実は肌にとって逆効果です。
洗顔を行いすぎてしまうと、本来肌を守るために残す必要のある皮脂まで取り除かれることに加え、乾燥しやすくなってしまうため、ニキビができやすく、炎症しやすい敏感な肌へとなってしまいます。
そのため過度な洗顔は思春期ニキビのケアの中でも、もっともやってはいけないNGニキビケアの一つとして挙げられるため、まず真っ先に見直しましょう。

スクラブ入りの洗顔料を毎日使う

次はスクラブ入りの洗顔料を毎日使うことです。
皮脂や汚れをよりすっきり取り除いていくために、スクラブ入りの洗顔料を毎日使用して洗顔する人も多いと思いますが、このニキビケアも肌にとって逆効果です。
スクラブ入りの洗顔料を毎日使用してしまうと、肌に必要な皮脂も取り除くだけではなく、肌に強い刺激を与え続けてしまうため、肌表面の炎症が起きやすく、ニキビができやすくなってしまいます。
したがって、スクラブ入りの洗顔を毎日使用することも、NGニキビケアであることを覚えておきましょう。

ニキビを自分でつぶして膿(うみ)を出す

最後はニキビを自分でつぶして膿(うみ)を出すことです。
ニキビができ、目立ってくると気になってしまい、自身でつぶして膿(うみ)を出そうとする人も多いと思いますが、このニキビケアも肌にとって逆効果です。
自身でニキビをつぶしてしまうと、膿(うみ)を出すことで傷口が広がってしまい、赤く腫れるだけではなく、より皮脂や雑菌によって炎症してしまい、ニキビが悪化する可能性があります。
そのため、自身でニキビをつぶして膿(うみ)を出すことは、NGニキビケアの中でも危険なことであると念頭に入れておきましょう。

以上がやってしまいがちなNGニキビケアです。
いずれも思春期ニキビを悪化させるものであり、先々の肌状態を左右するものです。
そのため、もし取り入れていたら一度手を置くようにしましょう。

思春期ニキビの正しいケアの方法とは

思春期ニキビを悪化させるNGニキビケアを確認したところで、改めて思春期ニキビの正しいニキビケアの方法をお話しします。
先ほどもお話ししたように、思春期のニキビは性ホルモンや成長ホルモンが活発に分泌し、皮脂腺が刺激されることによって起きるものです。
そのため、思春期ニキビは単純に洗顔で皮脂や汚れを洗い流していくだけではなく、さまざまなニキビケアを行なっていく必要があります。
では、正しいケアの方法を一つ一つ見ていきましょう。

洗顔は適度な回数、力加減で

まず1つ目は洗顔を適度な回数、力加減で行うことです。
洗顔の回数を多く、そして力強くゴシゴシ行なってしまうと、肌に強い刺激が行き渡り、肌にあるべき皮脂だけではなく、本来肌にあるはずのバリア機能もなくなり、刺激に弱い肌になってしまいます。
そのため、洗顔を行うときは一日2回(朝と夜)にとどめておき、ぬるま湯で優しく洗顔するようにしましょう。
洗顔料を使用するときは、泡立てられるタイプのものはしっかり泡立て、泡で洗うことをイメージし、洗顔料をぬるま湯で洗い流すように進めていくとより効果的です。

肌への刺激の少ない、保湿性の高い洗顔料で

肌への刺激の少ない、保湿性の高い洗顔料で2つ目は肌への刺激の少ない、保湿性の高い洗顔料を使用することです。
スクラブ入りの洗顔料など、刺激の強い洗顔料を毎日使用すると、強い刺激によって皮脂がなくなってしまうだけではなく、雑菌などで毛穴が刺激を受け、ニキビになりやすくなってしまいます。
そのため、毎日使用する洗顔料も低刺激かつ保湿性の高い商品で洗顔を行い、スクラブ入りの洗顔料を週1回から2回、といったように洗顔を行なっていきましょう。
近年思春期ニキビをケアや予防できる洗顔料も販売されているので、自身の肌に合う洗顔料を探すのも一つの手です。

規則正しい睡眠をとる

3つ目は規則正しい睡眠をとることです。
思春期の時期は、テスト勉強や宿題などを行うために徹夜をするという人も多いと思いますが、睡眠時間が少なくなってしまうと、成長ホルモンの分泌が滞ってしまうことで、ターンオーバーも乱れてしまい、その結果思春期ニキビの原因である皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
そのため、日々規則正しい時間で眠れるように努めることも、思春期ニキビのケアとして大切なポイントです。
成長ホルモンが活発になる時間帯にあたる、夜10時から夜中2時までの間に眠ることができるよう、日々の生活習慣を見直していきましょう。

バランスの良い食生活を心がける

4つ目はバランスの良い食生活を心がけることです。
思春期ニキビはホルモンの分泌が活発になることで、皮脂がより多く分泌されることが原因であるため、皮脂を抑えるための栄養素を積極的に摂取することでケアをすることができます。
中でも思春期ニキビをケアすることができる栄養素として注目したいのがビタミンB2とビタミンB6です。
効果や含まれている食材は下記の通りです。

栄養素名 主な効果 食材名
ビタミンB2 皮脂の分泌を抑えるなどほか 卵や納豆、ヨーグルト、牛乳などほか
ビタミンB6 肌のターンオーバーを促し、バリア機能を高める マグロやアジ、鶏レバー、豚もも肉などほか

皮膚科に行く

5つ目は皮膚科に行くことです。
さまざまなな要因で思春期ニキビが悪化してしまったときは、正しいニキビケアの方法を取り入れても改善しないこともあります。
そんなときは皮膚の専門医がいる皮膚科などに足を運ぶようにすることも一つの手です。
代表的な治療法にはケミカルピーリングとイオン導入の2種類があります。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングはピーリング剤と呼ばれるフルーツ酸などを原料としている酸を肌の状況に合わせて決められた量や濃度に調整したものを顔に塗布し、毛穴詰まりを起こしている皮脂や古い角質、汚れなどを溶かしていく治療法です。
ニキビの原因である皮脂や古い角質、汚れなどをしっかり取り除くことで、肌のターンオーバーを促進や、皮脂などが毛穴に入りにくくなるといった効果が期待されます。
しかし、ケミカルピーリングは酸を使用するため、肌が敏感な状態になっていると赤みを帯びるなど肌が炎症を起こしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

イオン導入

イオン導入とは、ビタミンC誘導体をはじめとする美容成分を肌に塗布したのち、ローラーと呼ばれる機械を使って微弱電流を流し、肌の深い部分へと浸透させていく治療法です。
皮脂の過剰分泌を抑えるだけではなく、毛穴詰まりを起こしにくくするといった効果も期待できるため、思春期ニキビにも効果的です。
しかし、ニキビ自体を減らすための治療というより、減らすための補助に当たる治療法とも言えるため、その点は念頭に入れておくと良いでしょう。

以上のほかにも抗生剤や内服薬、ビタミン剤による治療など、様々な治療法があります。
皮膚科で専門医の方と相談の上、治療を進めていきましょう。

思春期ニキビの予防方法

思春期ニキビの予防方法それでは最後に、思春期ニキビの予防方法について見ていきましょう。
思春期ニキビは第二次性徴期による性ホルモンや成長ホルモンの活発化により、皮脂が多く分泌されやすいことが原因です。
そのため、思春期ニキビの予防方法は「日々のスキンケア」と「規則正しい生活を送る」ことが挙げられます。
日々のスキンケアでは優しい洗顔を心がけ、日頃から程よく皮脂を取り除きながら保湿を行いましょう。
そして、睡眠時間や食生活のバランスなど、様々な観点から規則正しい生活を整えて行くようにしましょう。

まとめ

今回は思春期ニキビをテーマに、さまざまな視点からご紹介していきました。
中高生など盛んなときにでき、悩みとなりやすい思春期ニキビも、原因や正しいニキビケアの方法が見えてくれば決して辛いものではありません。
思春期ニキビで悩んでいるときは、ぜひこのページを参考にしていただけると幸いです。

>>ニキビ跡のケアや治し方の詳しい情報はこちら