2019.05.29

ニキビ予防に効果的な化粧水「リプロスキン」を徹底解説

日々しっかりお肌のケアをしていても、ふとしたときにニキビができ、悪化していることはありませんか?

ニキビが悪化してしまうと、ニキビが治った後にニキビ跡が残ってしまう場合があります。赤みを帯びた赤ニキビ跡、色素沈着ニキビ跡、最悪の場合クレーター状の凸凹ニキビ跡になってしまう可能性があり、よりニキビ予防のためにもケアを重ねていかなければなりません。

そこで、まずニキビケアの基本となる化粧水に注目し、ニキビを予防するために効果のある化粧水はどのようなものなのか、その中でも効果的な化粧水はどのようなものなのかについてお話ししていきたいと思います。

ニキビを予防するのに効果的な化粧水の選び方とは

はじめに、ニキビを予防するのに効果的な化粧水の選び方とは何なのでしょうか、見ていきましょう。

ニキビ跡の種類を知り、ニキビを予防する化粧水を選ぶ

ニキビを予防するのに効果的な化粧水を知る前に、まずはニキビができてしまい、それが跡になってしまうとどうなるか、ニキビ跡の種類を見ていきましょう。

今回は、3種類のニキビ跡とその特徴をご紹介していきます。

赤みの残った赤ニキビ跡

「赤みの残ったニキビ跡」は表面ではニキビが治っていますが、お肌内部では炎症が継続していることによってできるニキビ跡です。

その後のケアによっては、赤みが消えるのにさほど時間がかからない場合が多いです。

茶色いシミのような色素沈着ニキビ跡

「色素沈着ニキビ跡」は、ニキビができたあとに茶色などに変色し、シミのように色素沈着してしまったニキビ跡です。

茶色いシミのような色素沈着ニキビ跡は、ニキビの炎症による刺激でメラニン色素が過剰に生み出されて色素沈着となってしまった状態です。お肌本来の力であるターンオーバーが正常であれば排出されますが、この力がうまくいかなくなると、色素沈着として残ってしまいます。

そういう意味では、お肌本来が持っている力を正常にすることが色素沈着ニキビ跡ケアの近道といえます。

クレーター状の凸凹ニキビ跡

「クレーター状の凸凹ニキビ跡」は、ニキビが激しく炎症し、その炎症がお肌の深くまで広がったことが原因で起こります。

クレーター状の凸凹ニキビ跡は、なかなか治りにくいのが特徴です。したがって、根気よくお肌のケアを重ねていく必要があります。

以上がニキビ跡ごとの特徴です。ニキビ跡には治りやすいものもあれば、治りにくいニキビ跡があるとお分かりいただけたと思います。

なかでもクレーター状の凸凹ニキビ跡は、継続して根気よくケアする必要があり、皮膚科や美容外科へ通院することケースも珍しくありません。

したがって、日々のスキンケアの中でもニキビを予防するが一番重要なことになります。

ニキビ予防に効果的な化粧水とは

先ほどお話ししたように、ニキビが悪化し、ニキビ跡になってしまうととてもやっかいです。

そこで、ニキビができるのを事前に防ぐため、ニキビ予防におすすめできる化粧水を一つ、ご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは、ピカイチが販売している『リプロスキン ローション』です。では、『リプロスキン』とは一体どのようなブランドなのか、ご紹介していきます。

リプロスキンの効果

『リプロスキン』は角質層のすみずみまでしっかり浸透させ、お肌を柔らかくうるおいを持たせるために作られたスキンケアブランドです。

なかでも、化粧水はさまざまな要因で固くなってしまった角質を柔らかくし、角質層のすみずみまで浸透させる「ナノBテクノロジー3.0」という独自技術を採用しています。

そのため、お肌の角質層のすみずみまで十分に浸透し、しっかり保湿しうるおいを与えます。それに加え、お肌を柔らかく整え、すこやかに保つことができます。

また、シミやそばかすを防ぎ、ニキビを予防することができる化粧水です。

おまけにニキビケアには嬉しい「ノンコメドジェニック」の化粧水です。ノンコメドジェニックとは、ニキビの赤ちゃんのコメドができにくいという意味で、いわゆる毛穴を詰まらせにくい化粧水というわけです。

リプロスキンの成分

では、『リプロスキン』の成分を見ていきましょう。

有効成分について

リプロスキンブランドの化粧水『リプロスキン ローション』は、一般の化粧品ではなく、医薬部外品というものになります。

医薬部外品の化粧品とは、効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されている化粧品のことで、厚生労働省が許可した化粧品のことです。

『リプロスキン ローション』の有効成分はグリチルリチン酸ジカリウム、水溶性プラセンタエキスの2種類配合されています。

グリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビを予防する効果があり、水溶性プラセンタエキスは、メラニンの生成によるシミ、そばかすを防ぎ、透明感のあるお肌に導く効果があります。

その他の美容成分について

『リプロスキン ローション』には、有効成分のほかに、さまざまな美容成分が配合されています。

美容成分はそれぞれ、整肌、保湿、引き締めなど、目的ごとにバランスよく選ばれ配合されています。

ナノ成分
 アーティチョーク、グリシングリシン、ダイズエキス、シュガースクワラン

美容成分
 アロエエキス、ホエイ、海藻エキス、アマチャヅルエキス、コメヌカエキス、ワルテリアインディカ葉エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、コラーゲン・トリペプチド、酵母エキス

このようにたっぷりと美容成分が配合されているのがひとつの特徴ともいえます。

リプロスキン ローションの使用方法

リプロスキン ローションの使用方法は下記の通りです。

①適量を手のひらに取り両手に広げます。量が少ないとお肌に摩擦をかけますので、たっぷりとつけましょう。

②顔にたっぷりと化粧水をつけて、優しくおさえるようにハンドプレスします。

③額やあご、小鼻なども忘れずに!角質層のすみずみまで化粧水を染み込ませます。ここまでをもう1回。

④乾燥している部分には、何度か重ね付けをしましょう。お肌のうるおいを感じてきたら終了です。

⑤リプロスキン ローションの効果を持続させるためにも、乳液やクリームなどでフタをしましょう。

リプロスキン ローションの購入方法

リプロスキンローションは、インターネット、フリーダイヤルで購入することができます。

ニキビケアは継続することが大事なので、定期で購入する方が安くなるのは嬉しいですね。また、お肌に合わないときには返金の対応があるというのは、安心して試すことができます。

『リプロスキン ローション』を使ってみたいと思ったときは、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はニキビ予防に効果のある化粧水について、さまざまな視点でお話ししていきました。

ニキビにはどのような化粧水を使って日々予防をしていけばいいのか、ニキビ予防に効果的な化粧水として『リプロスキン ローション』という商品があるということがお分かりいただけたと思います。

今一度、自身のお肌を見つめ、日々のスキンケアを見直してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたのは
株式会社ピカイチ コスメコンシェルジュ
飯野あゆみ
株式会社ピカイチ コスメコンシェルジュ<br>飯野あゆみ

今まで1000名以上のお客様にアドバイスしてきた実績をもとに、多くのスキンケア商品を企画・開発。美容部員、エステティシャン、スポーツインストラクターなどの経験をもつ、お客様の美容と健康に向き合うスペシャリスト。趣味は空手、スノーボード、釣り、読書。

ニキビ跡の正しいケアとは?
思春期ニキビの原因と対策法とは? 思春期ニキビの原因と対策法とは?