2019.06.14

大人ニキビの原因やケア方法とは

大人になってからできるニキビは、思春期のときよりもニキビが治りにくい、もしくは悪化しやすくなっていると感じていませんか?

実は、大人になってからできる大人ニキビは、思春期ニキビと異なるため、ニキビケアの方法なども異なります。

そこで今回は大人ニキビの特徴から原因、さらにはケアの方法などをお話ししていきたいと思います。

大人ニキビの特徴とは

はじめに、大人ニキビの特徴について見ていきましょう。

大人ニキビの原因は、成長期の思春期ニキビとは違い、さまざまな要因が重なり合っているものがほとんどです。大人ニキビが発生する主な場所は顎や口周りなどのUゾーンが多いことも特徴として挙げられます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

では、大人ニキビと思春期ニキビにはどんな違いがあるのかを見ていきましょう。
主な違いは下記の通りです。

ニキビタイプ 主な原因 主にできる場所
大人ニキビ 食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠の乱れ、お肌の乾燥など 顎や口周りなどの Uゾーン
思春期ニキビ 成長期における皮脂の過剰分泌 鼻や額などのTゾーン

以上を見ていくと、大人ニキビと思春期ニキビはニキビができる主な原因やできる場所が異なることがわかります。

思春期ニキビは、身体が著しく発育する成長期で、大人になるためにホルモンバランスの変化が起こり、皮脂の分泌が増加することが原因であることに対し、大人ニキビはお肌の乾燥やストレスなどさまざまな要因によって起きるというように、原因が複数あることがわかります。

そのため、ニキビができる場所も大きく異なっています。大人ニキビと思春期ニキビは別のものと考えるようにする必要があります。

大人ニキビの原因

では、大人ニキビと思春期ニキビには大きく違いがあることがわかったところで、改めて大人ニキビの原因を見ていきましょう。
先ほどもお話ししたように、大人ニキビにはさまざまな原因が重なり合っています。
そのため、ここで大人ニキビの原因をしっかり確認しておきましょう。

お肌の乾燥

お肌は、紫外線をはじめとするさまざまな要因で乾燥しやすい状況です。さまざまな要因で乾燥し、その乾燥が続いてしまうと、お肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌するようになっていきます。

お肌が乾燥した状態が続くと、皮脂の過剰分泌ばかりではなく、ターンオーバーの乱れ、バリア機能が低下なども起こってきます。

これらの原因で、毛穴の出口がふさがれ、皮脂が溜まり、アクネ菌が繁殖し大人ニキビができてしまうことになります。大人ニキビはお肌の乾燥によるニキビが多いため、日頃のスキンケアが大変重要になります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは思春期のときにもありますが、思春期ニキビの場合の多くは成長期のためおこるホルモンバランスの乱れが原因です。それに対し、大人ニキビの場合は、ストレスなどから男性ホルモンが優位になり、皮脂が過剰に分泌されることが原因で、ニキビができてしまいます。

さらに、大人ニキビは思春期ニキビと異なり、ホルモンバランスが乱れてしまう原因が一つだけではありません。

そのため、ホルモンバランスの乱れを整えていくためには、多くのポイントを見直していく必要があります。

不規則な睡眠

日々仕事や家事など、さまざまな物事に追われていると、睡眠時間が少なくなってしまうということも多いと思いますが、実はこの睡眠も大人ニキビができる原因に深くかかわっています。

不規則な睡眠や睡眠不足が続くと、休息をつかさどる副交感神経が優位にならないことで、質の良い睡眠がとれません。そうなると、ホルモンバランスが乱れていきます。

睡眠時間はからだばかりでなく、お肌の修復や再生が行われる時間でもあるため、睡眠の質が悪いと新しいお肌が作られないことにもなります。そのため不規則な睡眠や質の悪い睡眠は、大人ニキビができやすくなるだけではなく、大人ニキビが治りにくい原因にもなります。

大人ニキビ対策には睡眠の質も必ず見直していきましょう。

不摂生な食生活

4つ目は不摂生な食生活です。
不摂生な食生活を送り続けることもまた、大人ニキビの原因として挙げられます。
脂分や糖分を多く含んだものを食べ続けると、皮脂の分泌を促し続けてしまいます。
そのため、手軽に食べることができるスナック菓子やケーキなどの洋菓子類、さらにはジャンクフードなどを食べ続けていると、体の中から大人ニキビができやすいお肌になってしまいます。

そのため、大人ニキビを予防するためにも、日々の食生活がどのようになっているのか、見直していくことも大切なことです。

ストレス

私たちは、日々の仕事や家事、さらには生活をしていくうえでストレスをためやすい状態になっています。そのため、ストレスをためすぎているとさまざまな症状が現れ、ホルモンバランスも乱れてきます。

女性の場合ですと、女性ホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になることで皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまいます。そのため毛穴の皮脂汚れなどが詰まったままの状態になりやすくなるため、大人ニキビの原因の中でも注意してほしいポイントです。

以上が大人ニキビの主な原因です。

いずれも原因が限られている思春期のニキビと異なり、さまざまな要因があることがわかります。そのため、大人ニキビは悪化を招きやすく、長引くことも多いのが特徴です。さまざまな観点から見直していく必要があり、日々のスキンケアが重要になってきます。

大人ニキビを改善するためのケア方法

大人ニキビができてしまう主な原因を見てきたところで、次は大人ニキビを改善するためのケア方法について見ていきたいと思います。

先ほどお話ししたように、大人ニキビの原因は複数あるため、日頃からケアを行なっていくことが改善への第一歩です。では、大人ニキビを改善するためのケア方法を一つひとつ、確認していきましょう。

保湿を徹底する

先ほどお話ししたように、お肌は紫外線やエアコンなどさまざまな要因で乾燥していきます。

お肌が乾燥することで、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下起こってしまいます。そうなると、乾燥したお肌は、お肌にうるおいを与えようとして皮脂分泌を増やします。こうした働きが強くなる一方で、ターンオーバーの乱れたお肌は角質が厚くなっているため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、大人ニキビができやすい状態になってしまうのです。

そのため、日々の保湿ケアを徹底することが大人ニキビをケアするためには欠かせない対策方法です。

保湿ケアを行うためにも、保湿成分がたっぷり入った保湿力の高い基礎化粧品を取り入れていくことをおすすめします。主な保湿成分としてヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミドのほか、さまざまな保湿成分があります。

ここで重要なのが、化粧水の保湿の後は必ず乳液やクリームを使って、フタをすること。そうすることで、保湿を持続させます。保湿の徹底とは、保湿を持続させることだと覚えるとよいでしょう。

適切な洗顔を行う

ニキビが多くできてくると洗顔回数を増やす、そして、ニキビ用の洗顔料を使用する人も多くいると思います。

ニキビ用の洗顔料の多くは、思春期ニキビ用が多いため、大人ニキビには合わないものも多くあります。そうした洗顔料を使っているとお肌に強い刺激が与えられ、よりお肌の乾燥を招くことになってしまいます。過度な洗顔や適さない洗顔料を使うのではなく、大人ニキビのケアの適切な洗顔を行なっていくことが大切です。

洗顔のポイントは大きく5つ挙げられます。

ポイント① 洗顔の回数は一日2回
ポイント② 保湿タイプの洗顔料や低刺激の洗顔料を使う
ポイント③ 洗顔を行うときはしっかり泡だて、泡を転がすように優しく洗顔をする
ポイント④ 清潔なタオルを顔に優しく押し当てて水分を取る
ポイント⑤ 洗顔後はすぐにスキンケアを行う

いずれのポイントもお肌への刺激や、乾燥を招かないためには必要なものです。洗顔から大人ニキビをケアし、予防していきましょう。

睡眠を見直す

睡眠時間はお肌が生まれ変わるための活動がもっとも活発になる時間であるため、睡眠時間がとれない、もしくは質の悪い睡眠をとり続けていると、お肌のターンオーバーが乱れていきます。

さらにターンオーバーの乱れから、バリア機能が低下することで、お肌の乾燥を招きます。その結果、お肌は敏感な状態となり、大人ニキビもできやすくなるだけではなく治りにくくなります。

そのため、大人ニキビをケアし、予防していくためには睡眠を見直すことも大切です。

ゴールデンタイムに睡眠をとることが望ましいと少し前まで言われていましたが、現在では入眠から90分の深い眠りが大切だと言われています。睡眠時間の長い短いではなく、毎日同じ時間に布団に入り、リラックスした気持ちで眠りにつくことが質の良い睡眠をとることにつながります。

バランスの良い食事を摂る

ダイエットや時間がないからといって、食事を抜いてしまう人も多いと思いますが、実はそれもニキビができてしまう原因です。

これらは、栄養不足や栄養の偏りにつながります。私たちのお肌は食べたものでできていると言っても過言ではありません。そのため、主にお肌を作り出す、もしくは整える効果のある「タンパク質」や「ビタミン」、「ミネラル」などをバランスよく摂取していくと効果的です。

大人ニキビのケアや予防のためにも、日々の食事は栄養バランスをしっかり考えながら摂るようにしていきましょう。

ストレスの解消をする

日々生活を送っていると、外部からのさまざまな刺激によって心や体に負担を感じることが多くあります。現代人はストレスがたまりやすい環境だといわれています。

ストレスがたまってしまうとホルモンバランスが乱れてしまい、その結果、大人ニキビができやすくなってしまいます。そのため、日々何かしらの形でストレスを解消できる環境を作っていきましょう。

一日の中でリラックスできる環境を作ることに加え、自分の好きなことを行う、軽いスポーツをすることなど、ストレスを上手に解消できる方法をみつけましょう。

ストレスと上手に付き合うことで、大人ニキビをケアし、予防することにつながります。どうすればストレスを解消できるのかを見出すことが大切です。

男女別のケアのポイントを知っておく

実は、大人ニキビは男女によってケアや予防のポイントが異なります。

そのため、男女別のケアのポイントを知っておくことでより大人ニキビを予防しやすくなります。

それぞれどのような対策をすれば良いのか、下記にまとめましたので、チェックしていきましょう。

男性の大人ニキビでのケアのポイント

男性の大人ニキビでのケアのポイントは、髭の剃り方です。

男性の身だしなみである髭剃りですが、間違った髭剃りはお肌に大きな刺激を与えてしまう行為でもあります。そのやり方次第では、お肌のバリア機能を低下させてしまい、大人ニキビができやすい環境を作ってしまいます。

カミソリで髭を剃るときは、水でお肌を潤し、シェービング剤などをのばしてから行うようにしていきましょう。また、刃の切れ味をチェックすることも忘れずに行ない、悪いものは取り替えるようにしましょう。そして、最初から逆剃りするのではなく、毛の生えている方向に剃るようにし、より深く剃りたい場合のみ逆剃りをするようにしましょう。

さらに、髭を剃ったあともの保湿ケアを忘れずに行うことで大人ニキビを予防することができます。

カミソリで行う髭剃りは、お肌との摩擦が大きくお肌にダメージを与えやすいので、カミソリに比べお肌を傷つけにくい電気シェーバーをおすすめします。

女性の大人ニキビでのケアのポイント

女性の大人ニキビケアのポイントはクレンジングとメイクです。

まず、手軽にメイク落としを行うことができるシートタイプや濃いメイクでもスッキリ落とせるオイルタイプを取り入れてしまうとお肌への刺激が強いため、大人ニキビのケアには不向きです。

大人ニキビケアには、クレンジングもお肌への負担が少ないクリームタイプや乳液タイプを取り入れていくと良いでしょう。

また、大人ニキビができた状態のお肌にメイクをするときには、使用する化粧品やメイクの方法によっては悪化してしまう可能性があります。

そのため、大人ニキビができた状態のお肌に使用する化粧品は油分が少ないものでニキビを刺激しないものを選ぶことが必要です。

大人ニキビと似た症状の病気に注意

大人ニキビと似た病気もいくつかあります。ニキビだと思っていると別な病気の可能性もあるため、ニキビが急に悪化した、強いかゆみがある、熱を持っている、周りの皮膚までただれているなどの症状がある場合は注意が必要です。

毛包炎、毛包周辺炎

ブドウ球菌が毛包に感染して起こり、膿疱ができます。

あせも

汗が皮膚の外に出ず皮膚内に漏れ出して起こります。

ヘルペス

ヘルペスウイルスが原因で、全身に水ぶくれができます。

面疔(めんちょう)

黄色ブドウ球菌が原因で起こり、顔の中心にできるおできのことです。

いずれもニキビと症状が似ており、見分けがつかないことも多いので、おかしいと感じた時は皮膚科を受診しましょう。

まとめ

今回は大人ニキビをテーマにさまざまな視点からお話ししていきました。

原因やケアの方法をはじめ、似た病気や男女それぞれの対策ポイントなどが見えてきたと思います。日々のライフスタイルに合わせながら、大人ニキビをケアし、予防していけるように心がけましょう。

この記事を書いたのは
株式会社ピカイチ コスメコンシェルジュ
飯野あゆみ
株式会社ピカイチ コスメコンシェルジュ<br>飯野あゆみ

今まで1000名以上のお客様にアドバイスしてきた実績をもとに、多くのスキンケア商品を企画・開発。美容部員、エステティシャン、スポーツインストラクターなどの経験をもつ、お客様の美容と健康に向き合うスペシャリスト。趣味は空手、スノーボード、釣り、読書。

赤ニキビと赤いニキビ跡をケアする方法とおすすめ
お客様の疑問に答えます!(6)日焼け止めでニキ お客様の疑問に答えます!(6)日焼け止めでニキ