クレーター(凸凹)のニキビ跡を消す方法

ニキビ跡の中でも最も深刻で悩みも大きくなりやすいのが、凸凹クレータータイプのニキビ跡ですよね。
パッと見たときに目立ってしまうニキビ跡であり、メイクなどで隠すことも難しいため、対処法がわからないという人も多いかと思います。
凸凹クレーターは消すのが難しいのではないかと思われがちですが、実は予防や改善の方法もあります。
ここではそんな凸凹クレーターのニキビ跡の原因やタイプ、消す方法や予防方法についてお教えしていきます。

クレーター(凸凹)のニキビの原因

人間の肌は表皮、真皮、脂肪層(皮下組織)の3つの層に分かれています。軽度のニキビであれば表皮へのダメージにとどまり、表皮のターンオーバーによって綺麗に無くなりやすいです。
しかし重度のニキビでダメージがターンオーバーの行われない真皮まで及んでしまうと、炎症が治まった後にも肌にしこりのようなものや陥没箇所ができることがあります。これらが凸凹クレーター状のニキビ跡として残ってしまうのです。
できてしまった凸凹クレーターは、単純なスキンケアで消すことがほとんどできません。消そうとして洗顔の際に強くこすったりしてしまうと、肌へのさらなるダメージも与えかねないため、皮膚科に受診して適切な治療を受けることが望ましいでしょう。

クレーター(凸凹)のニキビ肌のタイプ

クレーターのニキビ跡は、その形状によって3つのタイプに分けられます。

アイスピック型

小さくて深い、アイスピックを刺したような鋭いクレーターのタイプを、「アイスピック型」といいます。
直径が2mm以下と小さく、真皮を超えて脂肪層の深さまでダメージが及んでしまっている場合が多いです。
見た目が毛穴のようにも見えるため、毛穴と間違えてしまう人も多いです。

ローリング型

穴の幅が大きく、底が丸く凹んでいるのが「ローリング型」のクレーターです。
面積は大きいものの、緩やかに凹んでいるため目立ちにくいのが特徴です。

ボックス型

箱のような形状で底まで四角く凹むのが、「ボックス型」のクレーターです。
大きさや深さの定義は特にはなく、底が平らになっているものを指す場合が多いです。
最も代表的なクレーターの形でもあり、深さに関わらず目立ちやすいという特徴があります。

クレーター(凸凹)のニキビの改善方法

方法1:クレーター改善効果のある化粧品を使う

クレーター改善効果のある化粧品を使う
単純なスキンケアで消すことが難しいクレーター肌を改善するためには、普段使用する化粧品の成分にもこだわることが望ましいです。クレーターを改善する効果のある、真皮をサポートする成分の入った化粧品を使用しましょう。
具体的には、コラーゲンが生成される際に必要な酵素の働きを補助する成分、ピーリング効果や真皮のコラーゲンを増やす効果のある成分、肌の角質を軟化させてターンオーバーを促す成分などが含まれている化粧品を選ぶと良いです。

方法2:定期的なピーリング

ピーリングは肌の古くなった角質を剥がし、ターンオーバーを促進させます。またコラーゲンの生成を促す効果もあるため、肌の再生を活性化させることができます。
市販の洗顔料や化粧水にもピーリング成分の含まれたものがあります。市販の商品は刺激を落として肌へのリスクを少なくしているものが多いですが、少なからず負担のかかるケア方法ですので、使用は週1,2回程度におさめるようにしましょう。

方法3:睡眠の質を良くする

上質な睡眠は、肌のターンオーバーには欠かせません。睡眠をしっかりとることで、成長ホルモンの分泌を促し肌の修復を活発にさせることができるのです。
現代では不規則な睡眠時間になってしまう人や夜更かしをしてしまう人が多いです。ターンオーバーを正常にするための基本事項として、睡眠の質に関しては特に気をつけましょう。

方法4:食生活を整える

食生活を整える
クレーターの改善には、ビタミンや鉄分、たんぱく質などといった栄養素をバランスを考えて摂ることが望ましいとされています。
特に、コラーゲンの生成を促すビタミンCなどはたんぱく質と同時に摂取することで効果が発揮されます。そのため、目的に合致した栄養素だけでなく、あくまでバランス良く食事をとることが大切です。

方法5:皮膚科の治療

セルフケアをいろいろ試してみたけど肌の改善が見られなかったという人は、一度皮膚科や美容外科で相談してみましょう。
皮膚科や美容外科では、専門医が症状を診た上で治療法を提案してくれます。
皮膚科での治療には、ケミカルピーリングや塗り薬の塗布、レーザー治療などがあります。特にレーザー治療には様々な種類があり、目的に応じて使い分けられています。
しかし皮膚科で治療を受ける際には、治療費に注意が必要です。クレーターの治療は多くの場合、一般皮膚科ではなく美容皮膚科や美容整形外科の分類になります。そのため保険が適用されず、治療費が高額になってしまうのです。

クレーター(凸凹)のニキビの予防方法

クレーター(凸凹)のニキビの予防方法
クレーターのニキビ跡の予防には、とにかくニキビを悪化させないということが重要です。
そのために、できてしまったニキビを触らず、潰さずにいることを徹底する必要があります。ニキビは、できてしまうと気になってついつい触りたくなってしまうものですが、触ることによってバイ菌が入ったり、潰すことによって傷になってしまうためニキビ跡になってしまいやすくなります。
また、肌を清潔な状態に保つ、水分量を維持する、睡眠や食事などの生活習慣を整えるなど、ニキビの予防をすることでクレーターのニキビ跡の予防にも繋がるのです。

まとめ

クレーターのニキビ跡は重度のニキビの炎症が肌の奥深くまで及ぶことで出来てしまい、その形状によって3つのタイプに分かれます。
スキンケアや生活習慣の正常化によって改善を目指すことができるほか、皮膚科での治療という手段もあります。
しかしやはりニキビ跡はできないことが一番。ニキビができてしまった段階から、悪化させないために意識することが大切でしょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方の一覧はこちら