2018.01.12

目の下のクマを消したい!原因と対策を解説!

皆さんは「目の下のクマ」に悩んでいませんか?

疲れ顔や老け顔に見えてしまい、美容の大敵となるクマ。実は目の下のクマにはいくつかのタイプがあり、原因や有効な解決法も異なります。今回は、目の下のクマについて徹底解説します!ぜひ参考にしてください。

目の下のクマ3つのタイプと原因を解説

青クマ(血行不良型)

青クマは血行不良型ともいわれ、目の下の薄い皮膚を通して、血管の血流が滞り青黒く見えるものです。
[原因]
・目の疲れや冷え
・寝不足 など
日によって違う見え方をするため、他のクマと見分けがつきにくいのですが、目尻を横に引っ張ると薄くなるが完全には消えません。
その兆候があって青黒く見えていたら青クマと判断しましょう。

黒クマ(たるみ型)

黒クマ(たるみ型)は、年齢を重ねることによって目の下の皮膚が薄くなり、たるんで影ができて黒く見えるものです。
見分け方として、影ができていることが原因なので上を向くと薄くなります。

茶クマ(色素沈着型)

メラニンが集まって茶色く見えるものが茶クマ(色素沈着型)です。
[原因]
・目の下の小さなシミが集まって茶色く見えている
・目をこすることで色素沈着が起こったり、角質が厚くなっている場合 など
ここまでご紹介した青クマ・黒クマと異なり、引っ張っても、上を向いても見え方は変わりません。

目の下のクマタイプ別の解決法

青クマの対策と解決方法

まずは
青クマの根本的な原因である血行不良を解決することが大切です。
血液の循環を良くすることに気を配りましょう。
目元をホットタオルやアイマスクであたためることも有効ですが、顔全体の血行を良くするマッサージなども効果的です。
結果的に目のまわりの血行改善につながる頭皮マッサージもおすすめです。
また
・冷えの改善のために、適度な運動や入浴で血行改善する
・睡眠を十分にとる
などもいいですね。
市販されている目元専用クリームで、ビタミンEなどが配合されているものも効果的ですよ!

黒クマの対策と解決方法

黒クマはコラーゲンの減少で
たるみが生じているため、コラーゲン生成を促すケアが必要です。
・レチノール
・ビタミンC誘導体
などが配合されている化粧品がおすすめです。
また、むくみがあると皮膚の薄さ・たるみが余計目立ちますので、むくみをとることも有効です。

茶クマの対策と解決方法

色素沈着を改善するには美白ケアが有効です。
ビタミンC誘導体配合のスキンケア用品を使いましょう。
アイメイクは専用のメイク落としを使ったり、こすらずにしっかりと落とすことで、色素沈着を防ぐことができます。

クレンジングの種類と特徴
お客様の疑問に答えます!(3)ジェルクリームの お客様の疑問に答えます!(3)ジェルクリームの