ニキビ跡がクレーターになったら皮膚科に行くべき?

ニキビ跡のクレーターを気にする女性

ふとできているニキビを見つけたとき、つぶしていたりしていませんか?
ニキビはつぶしてしまうと赤くはれる、シミのようになるというイメージを持つ人が多いと思います。
しかし、実はニキビ跡にはクレーターのように肌がへこんでいる状態は、皮膚科に行かないといけないニキビ跡でもあります。
そこで今回は、クレーターのようになったニキビ跡とは一体なんなのか、そしてどのようにケアしていけば良いのかをお話ししていきたいと思います。

クレーターになったニキビ跡とは

それでははじめに、クレーターになったニキビ跡とは一体どのようなものなのか、見ていきましょう。
クレーターになってしまったニキビ跡とは、炎症を起こした状態のニキビ(赤みを帯びたニキビや膿んで紫色になったニキビなど)をつぶすことによってできてしまう、へこんだような形状に見えるニキビ跡です。
主な原因は、炎症を起こした状態のニキビをつぶすことで、皮膚組織が真皮層や皮下組織まで破壊されることが挙げられます。
皮膚組織が真皮層や皮下組織まで破壊された状態で炎症が治まっていくと、正常に肌が再生されず、皮膚の表面が陥没したような状態になっていきます。

また、クレーターのようにへこんだ形状になるかは、炎症を起こしたニキビがどの程度の範囲でできているのか、炎症の強さ、その箇所にどのくらい繰り返しできているのかによります。
そのため、つぶしたニキビがすべてクレーターのようにへこんだ形状のニキビ跡になるわけではありませんが、クレーターになったニキビ跡を作らないようにするためにはつぶさないことに越したことはないと言えます。

クレーターになったニキビ跡の種類

ニキビを気にする女性
そして、クレーターになったニキビ跡は、大きく3つの種類に分けられます。
クレーターになったニキビ跡にはどんなものがあるのか、1つ1つ確認していきましょう。

アイスピック型のクレーター

ますはアイスピック型のクレーターです。
アイスピック型のクレーターは名前の通り、アイスピックで刺した後のように小さく穴が開いて見えるクレーターです。
穴の小ささから毛穴に間違える、もしくはそこまで深いクレーターではないと思う人も多いことが特徴です。
しかし実際は肌内部の真皮層よりもっと奥にある脂肪層まで及んでいるため、もっとも治りにくいクレーターとして挙げられます。

ローリング型のクレーター

次はローリング型のクレーターです。
ローリング型のクレーターは肌の広い範囲でへこんでいるように見えるクレーターです。
広範囲に広がるタイプのクレーターであることから、とても目立って見えることが特徴です。
面積も4mm以上ととても大きいものですが、アイスピック型のクレーターよりは浅く、真皮層までにとどまっているものが多い傾向です。

ボックス型のクレーター

最後はボックス型のクレーターです。
ボックス型のクレーターはクレーターになったニキビ跡の中でもっとも多く見られるもので、名前の通り箱のような形で四角い形状にへこんでいることが特徴として挙げられます。
面積は小さいものもあれば大きいものもありますが、へこんでいる皮膚が平らになっています。
そのため、深さ問わずローリング型のクレーターのように目立って見えてしまう傾向です。

以上のようにクレーターになったニキビ跡は3種類あり、それぞれ特徴が明確にあることが見えてきたと思います。
クレーターになったニキビ跡がどのようなもので、種類が何があるのかとわかってくると、クレーターになったニキビ跡はセルフケアできるのかが気になってくる人もいるのではないでしょうか。
そこで、次はクレーターになったニキビ跡はセルフケアできるのかについて見ていきましょう。

クレーターになったニキビ跡はセルフケアできる?

クレーターになったニキビ跡はセルフケアできるのかについてですが、まず結論から言うとセルフケアすることは難しいといえます。
その理由は、先ほどお話ししたように肌内部の深い部分まで傷ついていることが挙げられます。
ニキビ跡をつぶし、肌内部の深い部分まで傷ついてしまうと、肌が治りにくい状態になります。
その状態でクレーターのようにへこんだまま収縮してしまうので、治そうとしても治らない肌になってしまいます。
そのため、クレーターになったニキビ跡をケアするためには、皮膚科に行ってケアする場合と、ならないように日頃セルフケアを行っていく場合の2種類になります。
そこで次は、皮膚科に行ってケアする場合と、セルフケアする場合でそれぞれ方法をお話ししていきます。

皮膚科に行ってケアする場合

ニキビ跡を皮膚科で治す人
まずはクレーターになったニキビ跡を皮膚科に行ってケアする場合から見ていきましょう。
皮膚科では皮膚科医にニキビ跡の状態を診察してもらった上で、治療法を提案してもらい、治療を行なっていきます。
そして、皮膚科で治療できる方法は大きく3種類あります。

ケミカルピーリング

まず1つ目はケミカルピーリングです。
ケミカルピーリングとは、皮膚に角質をはがれやすくする薬剤であるAHAやBHAを塗り、皮膚を剥がし、角質を取り除いていく治療法です。
角質が厚くなってしまった状態である角化異常にならないように、厚くなってしまった肌をはがれやすくし、毛穴の出口をスムーズにしていきます。
そうすることで、肌の毛穴に汚れなどがつまりにくくなるため、にきび跡も改善されやすくなります。
しかし、薬剤の刺激によって、肌が炎症を起こしてしまったり、紫外線や乾燥といった刺激を受けやすくなってしまうため、受けるときは皮膚科でしっかり相談してから行うようにする必要があります。

レーザー治療

2つ目はレーザー治療です。
レーザー治療とは、レーザーの熱エネルギーを利用することで、皮膚の膠原線維を一度破壊したのち、再生させることようにすることでニキビ跡を改善していく治療法です。
レーザー治療の種類は皮膚を剥離させるタイプか、剥離しないタイプの2種類に分けられ、照射方法も3種類あります、ニキビ跡の種類や深さに合わせて治療できます。
しかし、高額な費用が必要であったり、さらにはレーザー治療時の痛みなどもあるため、その点には注意する必要があります。

イオン導入

3種類目はイオン導入です。
イオン導入とは、微弱な電流を使って、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸などの肌に有効な成分を肌に浸透させていくという治療法です。
バリア機能があることで、どんなに肌に有効な成分も肌の真皮部分まで浸透させることが困難でしたが、イオン導入は電流によってその成分をイオン化し、真皮まで浸透させることで、ニキビが治りやすい肌へと導いていきます。
また、近年自宅用のイオン導入器も販売されている、取り入れやすいというメリットがあります。
しかし、人によってはイオン導入器の電流で肌荒れが出る、長時間使用すると肌を痛めてしまうことがあるため、イオン導入はまず皮膚科で試すようにしましょう。

以上がクレーターになったニキビ跡を皮膚科で治す方法です。
いずれの治療法も、メリットやデメリットがあるので、まず皮膚科でニキビ跡の状況を確認し、相談した上で行うようにしましょう。
では次に、セルフケアでケアするための方法を見ていきましょう。

セルフケアでケアする場合

クレーターになったニキビ跡に対してできるセルフケアは、スキンケアを整えていくことです。
まず、ニキビに対してもっとも良いと言われている成分は「ビタミンC」です。
さらに、室内外での紫外線対策を行い、ニキビの炎症を悪化させないようにし、十分な保湿を意識していきましょう。
ほかには肌の代謝やターンオーバーを高めるためにビタミンCやB群、Eをとる、高糖質・高脂質食を控えるなどの食事改善、さらにはストレスを発散するために適度な運動や十分な睡眠を心がけると、より改善しやすくなります。
なので、まずはクレーターや色素沈着したニキビ跡ができてしまったときはセルフケアを試し、それでも改善されなかったら皮膚科といったようにシフトすると良いでしょう。

まとめ

今回はニキビ跡をテーマに、皮膚科での治療法や、セルフケアなどについてお話ししていきましたが、いかがだったでしょうか。
クレーターや色素沈着といったニキビ跡も、状況によっては皮膚科で治療するだけではなくセルフケアでも対策できることがお分りいただけたと思います。
もし、ニキビ跡がクレーターや色素沈着といった状態になったときは、状況をしっかり確認し、セルフケアや皮膚科での対策を行っていってはいかがでしょうか。

リプロスキン
リプロスキン