女性にニキビができる原因

鏡を見るたびにニキビが気になってしまう女性は多いと思います。
ニキビ肌の原因は毎日の習慣や生活環境が複雑に絡み合って発生しやすくなります。
ただの肌トラブルと安易に考えずに、悩みの原因はどこにあるのかを思い返し、今までのニキビケアを見直していきましょう。

女性のニキビができる原因とは

女性のニキビができる原因とは主に4点あります。

ホルモンバランスの乱れ

女性のニキビの原因はホルモンバランスにも影響されます。
ストレスや睡眠不足、疲れなどによって、簡単にホルモンバランスが乱れます。
ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌が過剰になっていまい、ニキビの原因になります。
このほか、頰が触れる枕やシーツなどの寝具についた雑菌にも注意が必要です。
雑菌によって炎症が起こりやすくなり、ニキビを悪化させる可能性が高くなります。

外部環境からの影響

洗う前の手で顔を触ると雑菌が顔について肌が炎症しやすくなります。
毎日使うメイクブラシやパフなど、いつも顔に触れるものは清潔にしましょう。
タオルやハンカチはもちろん、枕やシーツなどもこまめに洗濯して取り替えると良いでしょう。
また顔に髪がふれると肌の刺激になりニキビの原因になるので、顔に髪がつかないヘアスタイルにしましょう。

食生活の乱れ


肌トラブルは食生活が乱れた結果とも言えます。
ニキビにも深く食生活が関係しています。
脂っこい食事やインスタント食品、甘いスナック菓子の食べ過ぎは特に注意が必要です。
脂肪分や糖分が皮脂の栄養になりやすく、過剰に取ると皮脂の分泌も増加し、毛穴に皮脂がつまり、ニキビができます。
また、脂肪分や糖分が体内に入ると、肌を健やかに保つビタミンB群が代謝のために大量に消費されて不足がちになり、皮脂分泌のコントロール機能が乱れて肌が脂っぽくなり、ニキビ肌につながります。
逆にカロリーを抑えすぎる無理なダイエットも、肌に栄養が行き渡らず荒れたりニキビができやすい状態になります。大切なのは、肌や体を育む栄養を考えながら、バランスよく食べる習慣をつけることです。

胃腸の不調

口の周りに出るニキビの場合は、胃腸の不調が原因だと考えられます。
食べ過ぎや飲みすぎで胃に負担がかかっている場合がほとんどですが、冷たいものの取りすぎで弱っている可能性もあります。
なかなか治らず長引いているのであれば、慢性的な胃の疲れが考えられます。
胃腸に優しい食べ物や飲み物をとったり、胃を休めてあげるとニキビの緩和につながるでしょう。

ニキビの改善方法とは

良質な睡眠をとる

忙しくて睡眠不足になった時、ニキビができることはありませんか?
夜更かしや眠りが浅い、また就寝時間が日によってまちまちという場合もニキビのリスクが高まります。
皮膚は眠っている間にダメージを修復して、新しい皮膚を作っています。寝不足が続くと、修復がうまくいかずターンオーバーにも影響し、古い角質が残ったままになり、毛穴のつまりとニキビの原因になります。
不規則な睡眠でも、体にリズムが混乱して肌細胞を活性化させる成長ホルモンの分泌が低下し、健康的な肌を育む事が難しくなります。
また、パントテン酸を含むビタミンB群が足りなくなるとぐっすり眠れなくなることもあるので、きちんと補う習慣をつけましょう。
特に成長ホルモンの分泌が高まる22時~2時の間はできるだけベットの入り、早寝早起きや規則正しい睡眠をとることでニキビのない肌を作ります。

ストレス軽減

家事や育児や仕事、プライベートに忙しい毎日を過ごしていると、知らず知らずのうちに溜まったストレスもニキビを作る原因になっています。
ストレスが積み重なってくると、体は負けまいととして、炎症を鎮める体内成分を多量に消費します。
すると肌の炎症を鎮める分が少なくなって追いつかず、ニキビができてしまいます。
同時にストレスを受けると体内に活性酸素が発生し、細胞を傷つけて、免疫力が低下することで、ニキビが防ぎにくくなります。
さらに活性酸素はコラーゲンなどの美肌成分を攻撃して、肌の再生がスムーズにいかなくなり、ニキビが治りにくく、跡ができることにもなります。
綺麗な肌のためにも上手にストレス発散し、できるだけ穏やかな生活を心がけたいですね。

正しいスキンケア


肌表面を覆う目に見えない汚れ、メイク、余分な皮脂、古くなり垢となった角質などをしっかりと取り除くためにも、丁寧な洗顔は効果的です。
ただ単に何度も洗えば良いというものではなく洗いすぎるとかえって肌を健康な状態に保つのに必要な皮脂や水分まで奪ってしまい、乾燥を進め、正常なターンオーバーが阻害される原因になります。また、お肌の摩擦などでかえって刺激を与えすぎて、炎症を進める原因になりかねません。
ニキビができるとは言え皮脂の分泌は人それぞれです。皮脂はとりすぎると感想を引き起こすこともあります。
自分のお肌の調子に合わせた洗顔頻度にしましょう。
洗顔後のスキンケアにはアクネ用ローションなどを用いて予防をすることが大切です。
ニキビケア用の化粧水なら、アクネ菌を殺菌し、毛穴を引き締める効果のあるものを使うと良いでしょう。

食生活の改善

バランスのとれた食事をとることも、ニキビを予防する上で大切な生活習慣です。
お菓子などの甘いものや油っぽいもの、コーヒーなどに含まれるカフェインなどの取りすぎは控えて、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。
ニキビを予防するためには、過剰な皮脂を抑えると言われているビタミンB1やB2、ビタミンEなどが含まれる食材などをしっかりとることでニキビのできにくい肌作りをしていきましょう。
また、便秘もニキビができる原因となります。
そのため便秘を防ぐためにも、食物繊維をとることもオススメします。

正しい治療

初期のニキビはセルフケアで改善させることができますが、赤ニキビ以降になると自分ではなかなか直すことが難しくなります。
その場合は皮膚科で診察を受けることをおすすめします。

まとめ

ニキビを予防するためには、自分の肌にあったスキンケア方法と規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。
繰り返すニキビをあきらめるのではなく、生活習慣やホルモンバランス、ストレスまで心身のケアをすることがニキビの解消につながります。
思わず自慢したくなるような滑らかなでハリやツヤのある肌を目指してスキンケアを行いましょう!

>>ニキビ跡のケアや治し方についてはこちら