ニキビ跡としこりはなぜできる?

気になるニキビ跡としこり

いつの間にかできてしまった、つらいニキビ。なかなか治らないだけではなく、気づいたらかたくなり、しこり状になっていたという経験はありませんか?ふつうのニキビとは異なり、触ると痛く、見た目も気がかりになってしまうしこりニキビ。今回は、ニキビがしこりになってしまう理由を知り、それを防ぐために気を付けるべきポイントを簡単にお伝えしていきます。

ニキビ跡としこりができる理由

はじめに、なぜニキビからしこりができるのかを見てみましょう。

ターンオーバーの乱れ

私たちの肌は、ある一定のサイクルで新しいものへと生まれ変わっています。これをターンオーバーといいます。肌の底の層から新しい細胞が生まれ、押し上げられると古い角質がはがれて新しい肌になるのです。通常はおよそ28日周期で繰り返されますが、加齢やストレスなど、外から受けるさまざまな理由によって、周期が遅れてしまいます。
ターンオーバーが遅れると、肌の再生力も低下し、角質やくすみが取れず、毛穴も詰まりがちになります。ニキビの大きな原因は毛穴のつまりでもありますし、肌が弱くなっている状態では炎症などの症状が悪化しやすく、しこりニキビが起こりやすくなります。

ニキビがしこりになる仕組み

ニキビがしこりになるのはなぜ?肌のターンオーバーの乱れが毛穴の詰まりを引き起こし、ニキビをしこりにさせてしまうという原因を見てきました。続いて、ニキビがどのようにしこりになっていくのかを詳しく見てみましょう。

そもそも、なぜニキビができるのかについても、知っておきましょう。

皮膚からでる油である「皮脂」は、毛穴から表面にでて皮脂膜を作り、私たちの皮膚を外から守ります。しかし、ターンオーバーの遅れや、生活の乱れ、ストレス、乾燥などの理由で、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まってしまいます。

毛穴が詰まると、皮脂は外に出られなくなり、ますます毛穴に溜まります。こうなってしまうと、ニキビができる一歩手前の状態です。

詰まった毛穴に雑菌が繁殖して毛穴を刺激することで、炎症や化膿が起こり、ニキビなどの肌荒れにつながります。

1:白ニキビや黒ニキビが発生

白ニキビはニキビ初期の状態です。毛穴に皮脂がたまっていくと、皮膚が白く盛り上がって見えます。毛穴に皮脂が詰まってしまったこの状態を白ニキビといいます。
白ニキビの状態で毛穴が開き、詰まった皮脂が酸化を始めると黒く見えるようになり、この状態を黒ニキビといいます。
白ニキビ・黒ニキビの状態は、まだ炎症が始まっていません。

2:炎症が起きて赤ニキビへ

白ニキビとなり、皮脂が詰まった毛穴のなかでは皮脂を糧としてアクネ菌が繁殖します。この状態が赤ニキビとなり、炎症が起きている状態で、見た目も赤く腫れています。
ときには痛みやほてりも感じます。

3:炎症が進行して黄ニキビになる

赤ニキビからさらに炎症が進んで、ニキビが化膿している状態が黄ニキビです。
黄色い膿が溜まってしまい悪化している状態です。
黄ニキビになってしまうと、しこりが残ったり、ニキビ跡になりやすかったりと症状が落ち着いたあとのケアまで必要になります。

4:ニキビ跡からしこりができる

黄ニキビがおさまらず、さらに炎症が進んだ場合、毛穴にとどまらず周りにも炎症が広がります。ニキビはかなり大きくなってしまい、触れると痛みを感じることもあります。
この状態だと炎症が治まっても、ニキビの跡が残り、しこりとして残るようになります。

このように、毛穴の詰まりからはじまったニキビが、炎症を重ねて悪化してしまうと、跡になり、しこりが残るようになるのです。

ニキビ跡やしこりを防ぎ、ケアする方法

ニキビ跡やしこりを防ぐにはケアが大切ニキビがしこりになる理由を見てきましたが、原因が分かると対策方法についても前向きに考えることができますね。つづいて、ニキビ跡やしこりをケアする方法についても見てみましょう。

基礎化粧品で保湿をする

お肌を守る基礎は保湿にあります。保湿力の高い基礎化粧品や、パックの力を借りてつねに潤いを保つように心がけましょう。また、肌質は人によって異なります。人から勧められたものが、自分にも合うとは限りません。
基礎化粧品をいろいろと試して、ご自身の肌に合うものを見つけてみましょう。

生活習慣を見直す

生活習慣を整えることは、しこりニキビや肌荒れの原因を防ぎ、できてしまったしこりを治すための強い後押しにもなります。
定期的に生まれ変わるお肌の調子を整えるため、ビタミンCがたっぷりと含まれた野菜を中心に、バランスの取れた食事を心がけること。睡眠をしっかりととること、定期的に運動をして、体の代謝を良くすること。

忙しくて体に気を使うのが難しいのであれば、サプリメントの力を借りてもOKです。睡眠時間を確保するのが難しいときは10分でも早く寝るように心がけてみましょう。

皮膚科へ足を運ぶ

ニキビのなかでも、かなり手ごわいのがしこりニキビです。
しこりニキビになる前の、炎症が始まった赤ニキビのタイミングで病院に行き、早めに対策することも、症状の悪化を防ぐためには必要です。もちろん、しこりが気になってからの通院でも遅くはありません。
毎日の生活を整えて過ごすことももちろん大切ですが、お悩みであれば医師の診断を受けて治療をしていくことが一番の近道です。しっかりと治療を受けてご自身に合った対策方法をしり、つるつるのお肌を目指しましょう。

まとめ

鏡を見ると思わずため息をついてしまう、ニキビ跡やかたいしこり。
これは、なにかの理由で肌の皮膚分泌が多くなったり、毛穴が詰まったりして起こるニキビが炎症によって悪化してしまうのが原因です。
ニキビを防ぐためには、毎日の生活習慣を整えたり、基礎化粧品を使ってケアしたりすることが必要ですが、それでもうっかり肌が荒れてしまうことがあります。

万が一、ニキビを見つけてしまったときには、すぐに対策を行うことで、しこりニキビまで悪化することを防いでいきましょう。

>>種類別のニキビ跡ケアや治し方はこちら