ニキビ跡のスキンキアのポイントとは?おすすめの化粧水紹介

鏡でニキビを気にする女性

ニキビ跡対策としてまず思い浮かぶことはスキンケアとなる人も多いのではないでしょうか。
しかし、実はニキビ跡の種類によってスキンケアは変えていかなければなりません。
そこで、今回このページでは、ニキビ跡のスキンケアをテーマにさまざまな視点でお送りしたいと思います。

ニキビ跡の種類

それでは、はじめにニキビ跡の種類について見ていきましょう。
ニキビ跡は大きく3種類に分けられ、いずれも段階ごとに特徴や症状が異なります。
誤ったスキンケアをしないようにするために、今一度ここで見直していきましょう。

赤みのあるニキビ跡

1つ目は赤みのあるニキビ跡です。
赤みのあるニキビ跡は、表面は治っているように見えますが、ニキビ跡、もしくはニキビ跡の周りが赤くなった状態のものです。
原因は肌の内部で炎症が残っている、もしくは炎症によって血管が集中していることが挙げられます。
前者の場合はアクネ菌が肌の内部に残り、炎症を起こしているによるもので、後者の場合はニキビによって破壊された肌を直そうと毛細血管が集中することによるものです。
赤みは時間の経過とともに薄くなっていきますが、ニキビから治っても赤みが残ってしまう状態になることもあるため、注意が必要なニキビ跡と言えます。

シミになってしまったニキビ跡

シミになったニキビに悩む女性2つ目はシミになってしまったニキビ跡です。
シミになってしまったニキビ跡は茶色くくすみ、シミのように見えてしまうニキビ跡です。
原因は炎症したことによって発生するメラニンが肌に色素沈着してしまうことが挙げられます。
ニキビが炎症し、細胞が破壊された状態の肌は、外部の刺激から守ろうとメラニンを多く生成していきます。
しかし、肌の細胞は正常に働かない状態となっているため、肌のターンオーバーが起きずメラニンが残ってしまうことから、色素沈着が起きてしまいいます。
そのため、赤みのあるニキビ跡とは違った形で跡が目立ってしまうニキビ跡と言えます。

クレーターになったニキビ跡

3つ目はクレーターになったニキビ跡です。
クレーターになったニキビ跡はニキビから治った肌にへこみができてしまうニキビ跡です。
原因は赤みがあるニキビ跡からさらに悪化したことが挙げられます。
赤みがあるニキビ跡は悪化すると、膿をもったニキビになります。
その状態までいってしまうと、肌の深層まで破壊され、肌が自然回復できなくなり、凹凸ができてしまいます。
そのため、ニキビ跡としてはもっとも重症と言えるものであるため、早急の対応が必要です。

以上がニキビ跡の種類です。
いずれの種類も、正しいスキンケアを行なっていくことで、軽減することができます。
では、次にニキビ跡の種類別にどのようなスキンケアをしていけばいいのか、ご紹介したいと思います。

ニキビ跡の種類別スキンケア方法

ニキビ跡の種類別のスキンケア方法を見ていきましょう。

赤みのあるニキビ跡のスキンケア方法

化粧水でケアをする人赤みのあるニキビ跡は皮膚や毛細血管がダメージを受けてできるもので、ダメージを受けたときの炎症や増えすぎた血管のせいで赤みを帯びています。
そのため、肌のターンオーバーを正常化させながら、肌内部の炎症を鎮静化できるスキンケアを行なっていく必要があります。
そのためにも、赤みのあるニキビ跡のスキンケアはまずセラミドやヒアルロン酸、プラセンタなどが配合された基礎化粧品でしっかり保湿をし、肌の水分量を整えていきましょう。
さらに、肌のターンオーバーを戻すためにも、肌の代謝を高める効果のあるビタミンB群やビタミンC(ビタミンC誘導体)、ビタミンEなどの成分が配合されているものをを取り入れていくと、より効果的です。

シミになってしまったニキビ跡のスキンケア方法

シミになってしまったニキビ跡は肌の炎症から守るため多く発生したメラニンによって、肌が茶色く色素沈着しています。
そのため、メラニンの生成を抑える美白成分が配合されているスキンケアを取り入れていく必要があります。
そのためには、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白成分が配合されたスキンケアを行なっていきましょう。
また、美白成分が配合されたスキンケアに加え、季節を問わず降り注ぐ紫外線を防いでいくこと、シミになってしまったニキビ跡を予防するためには欠かせません。
日々できる予防として、季節を問わず、紫外線効果のある日焼け止めや下地をうまく取り入れていくようにしましょう。

クレーターになったニキビ跡のスキンケア方法

クレーターになったニキビ跡は肌の奥まで深く傷つき、強い炎症が起きたときにできるもので、凸凹のクレーター状になったものです。
赤みのあるニキビ跡やシミになってしまったニキビ跡と異なり、クレーターになったニキビ跡は肌の深層まで傷ついていることから、スキンケアで予防することは難しい状態です。
そのため、クレーターになったニキビ跡に関しては、スキンケアを見直すことよりも、皮膚科へと足を運ぶことがおすすめです。
皮膚科医はクレーターになったニキビ跡の状態に合わせて治療方法を提案してくれるので、もし治したいと思ったときは、皮膚科に行くことも検討しましょう

以上がニキビ跡のタイプ別おすすめのスキンケア方法です。
ニキビ跡の種類によって、スキンケアの方法だけではなく、取り入れるべき効果や成分が異なることがお分りいただけたと思います。
いずれのニキビ跡になったとき、スキンケア方法はどうすればいいかを必ず確認するようにしましょう。

まとめ

ニキビ跡のスキンケアをテーマにお送りしましたが、いかがだったでしょうか。
ニキビ跡の種類だけではなく、どのようなスキンケアが良いのか、そして必要な効果や成分が見えてきたと思います。
ニキビ跡になって、悩んでしまったときにこの記事を参考にしていただけると幸いです。

>>ニキビ跡のケアについて更に詳しくはこちら