ニキビ跡のスキンキアのポイントとは?おすすめの化粧水紹介

鏡でニキビを気にする女性

ニキビ跡対策と聞いて、まず見直すことで連想することといえばスキンケアだと連想する人も多いと思います。
しかし、ニキビ跡は種類によってはスキンケアを変えなければいけないものです。
そこで今回は、ニキビ跡のスキンケアをテーマにお話ししていきたいと思います。

ニキビ跡の種類によって選ぶべきスキンケアが異なる

まずニキビ跡は大きく3種類に分けられ、「赤みのあるニキビ」、「シミになってしまったニキビ跡」、「クレーターになったニキビ跡」に分けることができます。

それぞれの特徴や原因、おすすめのスキンケアアイテムや方法が異なるので、それぞれのニキビ跡ごとにチェックしていきましょう。

赤みのあるニキビ跡におすすめのスキンケア

まず1つ目は赤みのあるニキビ跡です。

赤みのあるニキビ跡は皮膚や毛細血管がダメージを受けてできるもので、ダメージを受けたときの炎症や増えすぎた血管のせいで赤みを帯びていることが特徴です。
さらに、肌のターンオーバーを整えるためにも、保湿に気をつかって生活していくと、より効果を得ることができるでしょう。

シミになってしまったニキビ跡におすすめのスキンケア

2つ目はシミになってしまったニキビ跡です。

シミになってしまったニキビ跡は、日焼けなどによる肌の炎症から守るため多く発生したメラニンが、肌にたまりこんだことによってできるもので、シミも紫色や茶色になっていることが特徴です。
シミになってしまうとスキンケアでは改善ができないため、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ美白成分が配合されているスキンケアを使うことがおすすめです。シミになってしまうとスキンケアでは改善ができないため、メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ美白成分が配合されているスキンケアを使うことがおすすめです。

ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美白成分が配合されているスキンケアアイテムを使うと、シミになることを防ぐことができます。
さらに日焼けを防ぐためにもUVケアアイテムを同時に取り入れていくと、効率よくシミ予防をすることができるので、より効果を得ることができますよ。

クレーターになったニキビ跡におすすめのスキンケア

最後はクレーターになったニキビ跡です。

クレーターになったニキビ跡は肌の奥まで深く傷つき、強い炎症が起きたときにできるもので、凸凹のクレーター状になったり、しこりのように盛り上がることが特徴です。

他の2種類にニキビ跡と異なり、クレーターになったニキビ跡をきれいに改善していくためには、皮膚科でレーザー治療を行う必要がある場合があるので、重度の場合は一度皮膚科へと足を運んだ方が良いでしょう。

以上がニキビ跡のタイプ別おすすめのスキンケア方法です。
では次に、ニキビ跡のスキンケアのポイントについてお話しします。

ニキビ跡のスキンケアのポイント

ポイントを紹介する女性

ニキビ跡のスキンケアのポイントは2つあります。

スキンケアの方法は変えない

化粧水でケアをする人

まず1つ目はスキンケアの方法は変えずに、長期的に同じ方法で行うということです。

何が自分に合ったスキンケアなのかは、人それぞれであり、短期間でスキンケアの方法を次々に変えてしまうと、何が本当に自分に合っているのかが分からなくなってしまいます。
根気強く、同じスキンケアの方法を続け、自分に合っているかを判断するようにしましょう。

洗顔をし過ぎない

2つ目は洗顔をし過ぎないことです。

ニキビやニキビ跡は、洗顔をしすぎてしまったり、強い刺激でゴシゴシとこするように洗顔をしてしまうと、肌を痛めてしまい、ターンオーバーが乱れてしまいます。
肌を痛めないためにも、洗顔をするときはしっかりと泡を立て、その泡で優しく洗顔するように心がけていきましょう。

以上2点が、ニキビ跡のスキンケアにおけるポイントです。

まとめ

ニキビ跡対策を行うためには、スキンケアだけではなく、ニキビ跡のタイプも見直すことが大切です。
そして、スキンケアのポイントやすべてのニキビ跡に対応しているスキンケアアイテムがあることもお分かりいただけたと思います。

ニキビ跡ができ、対策をしたいと思ったときに、ぜひとも参考にしてくださると幸いです。

>>ニキビ跡のケアについて更に詳しくはこちら