赤いニキビ跡を消す方法とおすすめの化粧水

赤ニキビ跡は、ニキビで悩んでいる人の中でも、もっともできてしまいやすいニキビ跡の1つです。
赤くなったニキビ跡は、なかなか消すことができないと思っている方もいると思いますが、実はケアや予防などの方法があります。
そこで、このページでは赤いニキビ跡をテーマに、ご紹介していきます。

赤ニキビの原因

はじめに、赤ニキビができてしまう原因をお話ししていきます。
まず、皮脂や古い角質などの汚れが詰まり、量が多くなってしまうことで白ニキビ、もしくは黒ニキビができていきます。
この段階では多くは赤く腫れていませんが、アクネ菌がさらに毛穴に入り込むことで変わっていきます。
アクネ菌が多く入り込むことで、より皮脂や古い角質を栄養にしながら増殖し、毛穴の内側で活発に炎症を起こしていきます。
すると、炎症を抑えようと白血球がアクネ菌と戦い、ニキビや肌が赤く腫れ上がり、赤ニキビとなっていくのです。
そのため、赤ニキビは「毛穴が詰まったところに入ったアクネ菌が増殖し炎症を起こす」が原因といえるのです。

赤ニキビが出来た時の注意点

赤ニキビが出来た時の注意点をチェックそして、赤ニキビができた時はさまざまなことに気をつけていく必要があります。
その理由は、赤ニキビは悪化してしまうと肌がうすくなった状態となるため、白ニキビや黒ニキビ以上につぶれやすい状態になることが挙げられます。
そのため、赤ニキビができた肌はていねいに扱っていかないと、さらに悪化して黄色ニキビとなる、もしくはふとしたきっかけですぐにつぶれ、赤く腫れ上がってしまったニキビ跡となってしまいます。
いずれを避けるためにも、赤ニキビはていねいに扱っていく必要があるのです。
では、自分の肌に赤ニキビができてしまったときはどんなことに注意をしていけばいいのか見ていきましょう。

自分でニキビをつぶさない

まずは自分でニキビをつぶさないことです。
顔に赤ニキビができ、肌が盛り上がってしまうとつぶしたいと思う人も多いと思います。
しかし、赤ニキビをつぶしてしまうと、傷口からさらに雑菌が入り込んでしまい、より悪化してしまいます。
悪化した結果、赤ニキビは炎症を起こし、赤く腫れ上がり、最悪の場合ニキビ跡となってしまうおそれがあります。
そのため、無理につぶしてしまわないように、刺激を与えないように注意していく必要があります。
中でも多いのが、洗顔しているとき、もしくは洗顔後に拭き取ろうとしたときにうっかり強い刺激で引っ掻き、ニキビをつぶしてしまうというケースです。
ニキビをつぶさないようにするためにも、どんなときも気をつけるように心がけていきましょう。

色素沈着が起こらないようにする

次は色素沈着が怒らないようにすることです。
赤ニキビやニキビ跡ができていると、紫外線を浴びることによって発生するメラニンが肌を守ろうとより多く発生します。
さらに、ターンオーバーの乱れによって肌の入れ替わりのタイミングで排出できなくなっているため、その結果、メラニンが発生した肌が残ってしまい、色素沈着が起きてしまいます。
色素沈着を起こさないためにも、日頃からビタミンCなどの美容成分を日々の食事で取り入れるなどして予防していくと良いでしょう。

刺激の強い洗顔をしない

最後は刺激の強い洗顔をしないことです。
肌の表面や、毛穴に入り込んだ皮脂や古い角質を取り除こうと、ピーリングやスクラブ洗顔を取り入れ、すっきりしたいと考えている人もいると思います。
しかし赤ニキビ、もしくは赤ニキビをつぶして炎症を起こしている肌にとっては、非常に強い刺激となります。
そのため、赤ニキビや炎症を起こし赤く晴れた状態の肌にピーリングやスクラブ洗顔を使ってしまうと、痛みを感じるだけではなく、さらに悪化してしまう可能性もあります。
よりニキビを悪化させ、肌を過敏にしないためにも赤ニキビができているときは使用しないようにしましょう。

赤ニキビを治す為のポイント

赤ニキビが出来たときの注意点を確認したところで、次は赤ニキビを治すためのポイントについて確認していきましょう。
赤ニキビを治していくためには、さまざまな予防やケアを行なっていく必要があります。
さらに、赤ニキビをつぶしたことによって、赤く腫れてしまったニキビ跡を改善していけるように進めていくことも大切です。
では、赤ニキビを治しながら、赤く腫れた肌やニキビ跡を改善するためにはどのような方法があるのか、見ていきましょう。

紫外線対策を見直す

まず1つ目は紫外線対策を見直していくことです。
先ほどもお話ししたように、赤ニキビができている状態で紫外線を浴びてしまうと、肌の水分蒸発をはじめ、肌を守ろうと皮脂が分泌、メラニンが多く生成される、ニキビの炎症を引き起こす活性酸素の発生など、さまざまなトラブルの原因となります。
そのためにも、赤ニキビができやすい人は、紫外線が強い春や夏だけではなく、一年を通して紫外線対策を行なっていきましょう。
近年は化粧下地にも配合されているため、紫外線(UV)対策を取り入れやすくなっているので、チェックして見るのも良いでしょう。
また、より対策をしたいときはサングラスやつばの広い帽子を着用するなど、顔を守るための紫外線対策は徹底していきましょう。

生活習慣を確認する

生活習慣を整える3つ目は生活習慣を改善することです。
日々の生活習慣は、肌の状態を左右する、大きな要素です。
中でも睡眠や食生活は肌を整えるためにもっとも大切なものです。
そのため、日々の生活が乱れて寝不足になる、もしくは栄養の偏った食生活を送り続けていると、肌のターンオーバーが乱れるだけではなく、バリア機能の低下を引き起こします。
そのため、良質な睡眠を取るためにもストレスをためないようにし、リラックスできるようにする、さらには運動をしたりするようにしましょう。
そして食生活も、脂質や糖質を取り過ぎず、ビタミンCやビタミンB群、タンパク質やDHAなどをうまく取り入れ、バランスのとれた食事を摂っていくことが大切です。

皮膚科で治療を受ける

4つ目は皮膚科で治療を受けることです。
自身のさまざまな対策でも効果を得て、予防することもできますが、やはりどうしようもない時には皮膚科の医師に受診することも治すためのポイントとして挙げられます。
皮膚科では、塗り薬をはじめ、専用の器具で膿を圧出し取り出していく、もしくは注射での治療などさまざまな選択肢があります。
いずれもニキビの状態を見てどの処置がいいのかを皮膚科医の方が判断してくれます。
そのため、ニキビをどうしても治らず悩んでいるときは、悪化を防ぐためにも皮膚科へ足を運ぶことも選択肢として入れておくことも一つの手です。

赤ニキビの予防方法

赤ニキビの予防方法赤ニキビを治す為のポイントを確認してきたところで、赤ニキビの予防方法について見ていきましょう。
赤ニキビや赤ニキビからできた跡はなかなか炎症が引かないため、日々のケアや予防が重要となっていきます。
そのため、いずれの方法で取り入れやすいものから取り入れていき、少しずつ赤ニキビを予防していくようにしましょう。

丁寧な洗顔と保湿の徹底

まず1つ目はていねいな洗顔と保湿の徹底です。
ニキビ対策の基本は肌を清潔な状態に保ち、水分量を維持していくことです。
そのためにも、日頃ていねいな洗顔を行い、保湿を徹底していくことが大切なことです。
洗顔は低刺激の洗顔料を使用し、しっかりあわ立ててから泡で洗うようにし、ぬるま湯で洗い流していくようにしましょう。
洗顔の回数も1日2回を守り、肌に刺激を与えないようにすることがポイントです。
そして、化粧品は、ニキビ予防に効果のある有効成分が配合された医薬部外品である薬用化粧品を使用しましょう。
薬用化粧品にも色々な種類がありますが、大事なのは有効成分としてどのようなものが配合されているかです。ニキビ予防のためには、抗炎症作用のある有効成分が配合されているものを選んでいきましょう。
スキンケアのアイテムにもこだわっていくことが、ニキビ予防の第一歩です。日々のスキンケアを怠らないようにしましょう。

睡眠時間の確保

2つ目は睡眠時間を確保していくことです。
先ほどもお話ししたように、赤ニキビをはじめとするニキビができてしまう原因の中には生活習慣もあり、その中でも影響を与えているものが睡眠時間です。
日々の睡眠時間が短くなってしまうと、肌を再生させるための成長ホルモンの分泌が止まり、新しい肌が作られなくなります。
すると、ターンオーバーが乱れ、バリア機能も低下していくため、ニキビができやすくなってしまいます。
そのため、日々の睡眠時間をしっかり確保することも、赤ニキビをはじめとするニキビ対策において重要なポイントです。
睡眠時間の理想はゴールデンタイムと言われている午後10時から午前2時までに眠る、もしそれが無理な場合は最低でも日付が変わる前に眠るようにし、最低でも6時間は確保できるようにしましょう。
そしてより良い睡眠を取るために、生活習慣を見直し、より対策を重ねていくと良いでしょう。

以上が赤ニキビの予防方法です。
しかしそれでもニキビの予防には足りないということもあると思います。そんなときにオススメしたい商品が、ピカイチのニキビを予防する化粧品『リプロスキン ローション』です。

リプロスキンはニキビ予防に対する効果

リプロスキンローション
ピカイチのニキビ予防ローション『リプロスキン』は、有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムが配合され、抗炎症作用によりニキビを防ぐ、ニキビ予防のための化粧水です。
また、有効成分としてプラセンタエキスが配合されており、美白(メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと)ケアもできます。
有効成分以外にも、お肌にとってもっとも大切な「水分量」を整えるため、「角質層の隅々まで浸透する」点にこだわって開発されており、ニキビ予防だけでなくトータルでのケアが可能です。

また、『リプロスキン』はベースローション(化粧水)、クレンジングジェル、スキンケアフォーム(洗顔料)、とニキビ予防ができるようにスキンケア展開しています。
この他にも、『リプロスキン』ラインにはニキビ予防用品や化粧品、エイジングケア用品など、敏感肌の方へ向けた商品など、豊富なラインアップとなっています。
赤ニキビをはじめとするニキビができやすいことでお悩みの方は、『リプロスキン』を手に取ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は赤ニキビや、赤いニキビ跡について、さまざまな視点でお話ししていきました。
赤ニキビや赤いニキビ跡を少しでも早く治すためには、日々の紫外線対策や化粧品の成分確認、生活習慣の見直しなどが大切です。
赤ニキビの予防やニキビ跡のケアや予防へつないでいくためにも、日頃のスキンケアをより意識して行うようにしていきましょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方の詳細はこちら