紫ニキビの原因や治し方とは

紫ニキビというものをご存知でしょうか。ニキビの炎症が進行していくと、やがて紫がかった色になって不安になってしまったことのある人も多いのではないかと思います。
目立ってしまうことから、できてしまうと大きな悩みとなってしまう可能性もあります。
ここではそんな紫ニキビがなぜできるのか、またどのようにして治せばいいのかなどについて詳しくご説明していきます。

紫ニキビの原因

ニキビの化膿が続いてさらに炎症が進むと、その炎症が皮膚の深層まで及び、そこに膿や血が溜まってしまいます。すると皮膚の表面に赤黒いしこりのような紫ニキビができてしまうのです。
皮膚の深層に溜まった膿は多くの場合、徐々に皮膚に吸収されていくのですが、血行が良くない状態にあると膿や炎症がとどまってしまって紫ニキビになってしまいます。
また他のニキビと同じように、食生活や睡眠などの生活習慣の乱れや、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、疲労など体内の状態が悪いことで新陳代謝が悪くなってしまい、老廃物の排出が十分に行われないということも原因とされます。
赤ニキビや黄色ニキビと違って痛みや痒みがなく、触れると硬い感触があるのが特徴。ぼこぼこと盛り上がってしまっている上、色も目立ってしまうため、見た目が多大きな悩みになってしまいがちです。
そして最も注意しなくてはいけないのが、症状が深刻なためニキビ跡になりやすいという点。そのためいち早く対策を取る必要があるでしょう。

紫ニキビの改善方法

改善方法1:身体を冷やさない

紫ニキビは血行の悪化や身体の冷えが原因になっていることも多く、そのため男性より女性に多いという特徴があります。中でも冷え性の方や、生理前などでホルモンバランスが乱れている時期などには起こりやすくなっています。
そのため、紫ニキビができてしまったらまずは身体を冷やさないよう、適度に温めることを心がけましょう。しかしサウナなどはお肌への刺激が強いため避けておいた方が良いです。
通常の温度のお風呂に20分ほど、ゆっくりと浸かって身体を芯から温めたり、生姜湯などを飲んだりすることが効果的です。

改善方法2:便通の改善

便秘が原因で血行が悪くなり、紫ニキビができてしまう可能性があります。腸の中に長い期間、便が溜まった状態でいると、身体の中に老廃物や毒素や老廃物がとどまってしまっていることになるため、毒素がそのまま吸収されて血液中に入り、そのまま身体を巡ることで血液の循環を妨げてしまうのです。するとそれが自律神経に影響し、肌の再生機能を高める新陳代謝を悪化させてしまうことになります。このような状態では紫ニキビが治りにくくなってしまうため、根本的な原因である便通を改善することが必要なのです。
便秘の解消には、日常的に食物繊維や乳酸菌を摂取することが効果的です。食物繊維は主に根菜やきのこ、海藻などに多く含まれています。乳酸菌はヨーグルトなどの発酵食品で摂取することができます。またそのほかに、普段食べている白米を玄米に変えるとより多くの食物繊維を摂ることができます。
それらの栄養素をサプリメントなどで補うことも可能ではありますが、食品から摂る方が吸収率が高いので、できるだけ食事の中で摂取することが望ましいです。

改善方法3:運動を心がける

運動をすることによって血行が良くなり、また汗をかくことで新陳代謝が良くなって老廃物を排出しやすくなります。それによって肌の再生機能が高められ、紫ニキビの改善につながります。
普段忙しく働いている社会人の方などの場合は、なかなか時間を取るのが難しいかもしれません。しかし通勤中に意識して多く歩いてみたり、入浴後のストレッチをしたりなど、少しでも運動をする心がけが大切でしょう。

リプロスキンの紫ニキビ予防効果

紫ニキビの予防のためには、炎症を鎮めることが重要になります。
リプロスキンにはグルチルリチン酸ジカリウムという成分が含まれており、これが抗炎症作用を持っているため紫ニキビの予防効果を期待することができます。
また、リプロスキンの特徴でもある独自の浸透成分によってグリチルリチン酸ジカリウムを角質層のすみずみまで届けることができ、ニキビ予防の効果を期待することができるのです。

紫ニキビの予防方法

紫ニキビは、ニキビの炎症や化膿が進行して皮膚の深層に及んでしまっているものです。そのためそれ以前の段階で正しいケアができれば紫ニキビを予防することができます。
まず、体内環境を改善しましょう。主には食生活と睡眠においての改善が必要です。日頃から十分な睡眠時間とバランスの整った食生活を意識して生活することをおすすめします。
また、正しい洗顔と保湿も大切です。紫ニキビは炎症が奥深くまで進んでいる状態であり、ここでしっかりスキンケアをしなければ後々ニキビが治ってもニキビ跡が残ってしまう可能性があります。正しい洗顔と保湿を行い、少しでもお肌の清潔と水分量を維持することができるようにしましょう。

まとめ

ニキビの化膿が続いてさらに炎症が進行し、皮膚の深層まで及んで膿や血が溜まってしまったものが紫ニキビです。
生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレス、疲労などが原因で起こり、ニキビ跡になってしまう可能性もあるため確実なケアが必要です。
そのためスキンケアはもちろん、生活習慣においても改善する必要があるでしょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方についてはこちら