効果的なニキビの予防法とは

繰り返しできるニキビに悩まされていませんか?
ニキビが繰り返し出来てしまう方はもしかすると普段のスキンケアや生活習慣が間違っているかもしれません。
ニキビ予防のポイントは、あなたの肌に合ったスキンケア方法と毎日の生活習慣の見直しです。
今回はニキビを予防するために見直していただきたいスキンケア方法や生活習慣を紹介していきます。

ニキビの予防する生活習慣

ニキビの予防・改善方法は主に6点あります。

丁寧なクレンジング・洗顔を行う


1点目は丁寧なクレンジング・洗顔を行うことです。
朝と寝る前に刺激の少ない洗顔料をよく泡立てて優しく洗いましょう。
すすぎ残しが無いように、ぬるま湯でしっかりすすぐ事が大切です。
スクラブ入りの洗顔料など、刺激の強いものでゴシゴシするとニキビを悪化させてしまうので避けましょう。
洗顔後は水をよく吸うタオルを使用し、肌をこすらず水分を拭き取ります。
また皮膚が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、外部刺激を受けやすくなりニキビの原因につながるので、乾燥しやすい部分は適切な保湿を心がけましょう。

十分な睡眠をとる

2点目は十分な睡眠をとることです。
睡眠不足はニキビを悪化させると考えられています。
皮膚の回復を助ける成長ホルモンは、夜寝ている間に分泌されます。
朝起きたら太陽を浴びて体内時計をリセットし、夜の自然な眠りに繋げましょう。

室内の湿度を保つ

3点目は室内の湿度を保つことです。
室内が乾燥すると、皮膚も乾燥してバリア機能が低下してしまいます。
特に寒い季節は、加湿器などを上手に利用して、室内の湿度にも注意しましょう。

皮膚に刺激を与えない

4点目は皮膚に刺激を与えないことです。
洗顔するときにゴシゴシこすったり、髪が顔に当たっていたりなど、皮膚への刺激が多いとニキビが悪化しやすくなります。
また、むやみにニキビをさわらないことも大切です。

手や肌に触れるものを清潔に保つ

5点目は肌に触れるものを清潔に保つことです。
ニキビを予防するためには、むやみに顔を触りすぎないように気をつけましょう。
手は、普段の生活の中で雑菌がつきやすい部位です。
ニキビを繰り返さないためにも、洗っていない手で顔を触ることは極力控えましょう。
手だけではなく、髭剃りやカミソリ、タオル、枕カバー、シーツなど、肌に直接触れるものは常に清潔な状態を保ちましょう。

食事の栄養のバランスを心がける

6点目は食事の栄養のバランスを心がけることです。
朝食を抜いたり、急激なダイエットで栄養が偏ったりするのは体にも肌にもよくありません。
栄養バランスを意識した食事を、1日3回規則正しく取りましょう。
各種ビタミンの摂取は、ニキビの予防につながります。

肌質別のニキビの予防改善

肌質別のニキビの予防改善は主に4点あります。

脂性肌

1点目は脂性肌です。
脂性肌は、1日2回の洗顔で余分な皮脂を取り除く事が大切です。
油分を抑えた洗顔料やスキンケアアイテムを使うのがオススメです。

乾燥肌


2点目は乾燥肌です。
乾燥肌は肌の脂が少なく比較的ニキビが目立ちにくい肌質ですが、だからといって油断は禁物です。
皮膚が乾燥するとバリア機能が低下して、外部からの刺激を受けやすくなるほかに、ターンオーバーの乱れを招いてニキビができやすくなります。
乾燥している部分は化粧水やクリームで適度な保湿を心がけましょう。

混合肌

3点目は混合肌です。
乾燥した部分とオイリーな部分が混在している肌質を指しますが、実は多くの人が混合肌だと言われています。
皮脂が出やすいTゾーンを中心に洗い乾燥している部分は保湿を忘れずに行いましょう。

敏感肌

4点目は敏感肌です。
ただでさえ刺激に弱い敏感肌は、使用する洗顔料やスキンケアアイテム、化粧品は敏感肌用のものを選び、肌への刺激をできるだけ抑えましょう。
スキンケアをする時も出来るだけ丁寧に優しく扱うことで、肌トラブルを抑えることができます。

まとめ

ニキビを予防するためには自分の肌にあった正しいスキンケアと食生活や良質な睡眠・肌に触れるものを清潔にすることなどを心がけることが大事になってきます。
繰り返すニキビを諦めるのではなく、滑らかでハリツヤのある肌を目指して日々コツコツと正しいスキンケアを行いましょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方についてはこちら