ニキビ跡に効くクレンジングとは

ニキビを悪化させると出来てしまうニキビ跡ですが、ニキビ跡は目立つ上に跡を消すのに時間がかかるため悩ましいですよね。
ニキビ跡はやっかいなものですが、クレンジング方法や肌に最適な化粧品選びをするなどスキンケアを見直すことで、ニキビ跡の改善につとめましょう。

ニキビをしずめる効果的な方法とは

ニキビをしずめる効果的な方法は主に5点あります。

ニキビ跡に最適なクレンジングを選ぶ

1点目はニキビ跡に最適なクレンジングを選ぶです。
肌に色素が沈着してしまった状態のニキビ跡は、ターンオーバーによってどんどん薄くなっていきます。
しかし、もともと肌に備わったターンオーバー機能だけでは、肌の再生力が年齢とともに弱くなり、跡が消えづらくなります。
そこでクレンジングを選ぶ際にも肌の機能を助けるような成分が入っているものを選びましょう。
例えば、炎症を抑える作用がある成分であれば、ニキビ跡の赤みを抑えるのに有効かもしれません。

洗顔方法を見直す

2点目は洗顔方法を見直すことです。
ニキビ跡は炎症や傷跡が残った状態なので、丁寧に優しく取り扱わなければなりません。
まずは正しい洗顔方法をして、肌コンディションを悪化させないとともに、洗顔後のスキンケア効果が最大となる肌の基礎を作りましょう。
ニキビ跡は刺激に弱いので、優しく負担が少なく洗顔するには、泡洗顔がオススメです。
泡が皮脂を包み込んでくれるため、強くこすらなくても比較的汚れが落ちやすいからです。
固形石鹸で泡立ちの良いものを選び、ぬるま湯でよく泡立ててから使用しましょう。

正しく化粧水をつける

3点目は正しく化粧水をつけることです。
ニキビ跡に化粧水を使う際は、手を使いましょう。
コットンを使うよりも肌に負担をかけず、効率的に美容成分を浸透させることができます。
洗顔後に洗顔料が残らないようにしっかりと洗い流し、柔らかいタオルで擦らないように軽く顔の水分を拭き取ります。
化粧水の保湿効果や美容成分の効果を上げるためにも、水分をタオルで抑えるように拭き取りましょう。
洗顔後に時間が経つと化粧水の浸透が悪くなるため、化粧水はできるだけ早くつけるようにしましょう。
化粧水は手のひらで顔を包み込むようにじんわり温めつつ、優しく化粧水を押し込みましょう。
洗顔や入浴後に顔の乾燥が気になるであれば、化粧水をすぐにつけられるように、手の届く近い位置においておくと良いです。

肌を守るクリームをつける

4点目は肌を守るクリームをつけることです。
化粧水をしっかりつけた後は、保湿クリームでフタをします。
洗顔後の肌は水分が一番蒸発しやすいので、化粧水をつけた後は保湿クリームか乳液をしっかりと塗りましょう。
ニキビ跡を治すには保湿を徹底することが一番重要です。
保湿を行うことにより、肌の新陳代謝が正常化され、決まったサイクルで肌が生まれ変わるため、赤みや色素沈着のニキビ跡に効果的とされています。
化粧水選びはそれぞれの肌質が違うため、どの化粧水でも自分の肌に合うとは限りません。
まずは自分の肌との相性を確かめることが大切です。

ニキビの種類と種類別ケア方法

ニキビの種類と種類別ケア方法は主に4点あります。

白ニキビ

1点目は白ニキビについてです。
白ニキビはニキビの初期段階ですが、白く見えるのはふさがった毛穴の中に溜まっている皮脂で、うまく潰すことができれば、炎症を起こすニキビに発展することはありません。
ただし、手ではなく専用器具を使って優しく皮脂を押し出すと良いでしょう。

黒ニキビ

2点目は黒ニキビについてです。
黒ニキビもまだ炎症前の状態です。
白ニキビが進行し、毛穴が開くことによって、溜まった皮脂が酸化し黒く見えます。
赤ニキビ、黄ニキビに進行しないように正しい洗顔を心がけましょう。
ピーリングなどで対処するのもありです。

赤ニキビ

3点目は赤ニキビについてです。
黒ニキビが悪化し炎症を起こしたものが、赤ニキビです。
毛穴に詰まった皮脂を栄養として雑菌が繁殖し、痛みや痒みを感じるはずです。
とにかく清潔にして保湿に気をつけ、日常生活の中でビタミンをよく摂取するように心がけましょう。

黄ニキビ

4点目は黄ニキビについてです。
赤ニキビが悪化して、膿が溜まったて化膿したニキビです。
炎症が角質層の下にある真皮層まで届いているため、ニキビ跡や色素沈着が残りやすいので、潰すのは厳禁です!皮膚科に相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ニキビ跡を少しでも改善させてですよね。
そんな時は洗顔やクレンジングの正しい方法を学び、保湿を徹底することで少しずつ凹凸を減らすことができます。
いつものスキンケア方法に少しだけ気を使うと肌への負担が少なくなり、健康的な艶肌を目指せます。
毎日のスキンケアに合わせて、ご自身の肌のコンディションに合ったクレンジングを見つけてくださいね。

>>ニキビ跡のケアや治し方についてはこちら