黒ニキビの原因や治し方とは

白くプツッとできていたニキビが、いつのまにか黒くなって目立っていた……という経験はありませんか?
黒くなってしまうとどうしても汚いような気がしてしまい、人前に出るのも億劫になってしまうことがありますよね。
ここではそんなお悩みを解決するため、黒ニキビの原因や治し方などについてお話ししていきます。

黒ニキビの原因

黒ニキビは白ニキビが変化してできるものです。なぜ色が黒く変化するのかというと、毛穴に詰まった角質や皮脂よごれが外気に触れて酸化するためです。
白ニキビは、毛穴によごれが詰まっているだけの段階です。しかしその詰まったよごれが排出されずに溜まっていくと、閉じていた毛穴が開いて外気に触れます。すると中に溜まっていた角質や皮脂よごれが酸化し、黒く変色するのです。
実は毛穴が開いて黒ニキビができてしまうと、汚れを取っても毛穴が開いてしまっているために再びよごれが溜まりやすく、黒ニキビが再発してしまいやすくなります。そのため、早めのケアが重要になります。

黒ニキビの改善方法

黒ニキビは初期段階の白ニキビと比べると、色の違いもあって深刻に捉えられがちです。一気に悪化したような気がしてしまいますが、実は白ニキビが少し変化しただけであり、ここで正しい対処をすればその後の悪化を抑えることができます。
ここでは黒ニキビの改善方法についていくつか見ていきましょう。

改善方法1:正しい洗顔と保湿を徹底する


黒ニキビの改善のために最も必要なのは、皮脂よごれを詰まらせないことと、肌を傷つけないように角栓を除去することです。
そのために最も効果的な方法は、スキンケアの基本である「正しい洗顔」に限ります。
これはほとんどの人が頭では分かっていることだと思いますが、しかし黒ニキビができてしまっている以上、正しく洗顔ができていない可能性が高いのです。
肌を擦りすぎないように優しく、それでいてしっかり汚れを落とし、清潔なタオルで拭く。そして洗顔後には必ず保湿をする。という基本を徹底するように、いま一度心がけましょう。

また、正しい洗顔には正しく洗顔料を選ぶことも重要です。

改善方法2:皮脂の分泌量を減らす

黒ニキビの根本的な原因は、毛穴に皮脂が詰まってしまうことです。つまり皮脂の分泌量を減らすことができれば、黒ニキビが悪化したり新しくできたりするリスクを避けることができます。
皮脂の分泌量を減らす方法として一般的なのが、ビタミンBの摂取。ビタミンBは皮脂の分泌量をコントロールするため、黒ニキビの改善方法としておすすめです。
特にビタミンB2とビタミンB6を積極的に摂取するようにしましょう。ビタミンB2は主にレバー、海苔、アーモンド、チーズなどに、ビタミンB6は赤身魚、ニンニク、イワシ、酒粕などに多く含まれています。
ビタミンB2、B6は同時に摂ることで、より高い効果が期待できます。それぞれ日頃の食生活に取り入れやすい食材もあるので、意識して摂るようにしましょう。
注意しなくてはならない点として、糖分を摂りすぎるとビタミンBを多量に消費してしまうということも覚えておきましょう。糖分の摂取は抑えることが望ましいです。

改善方法3:角栓を軟化させる

黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂が固まって角栓となり、外に排除されなくなっている状態です。
そのため、空気に触れている部分の固くなった角栓を軟化させ、排除しやすいようにしましょう。
方法としては、ホットタオルを肌に当てて温める、スチーマーなどで蒸気を当てて毛穴を開かせるなどの方法があります。

改善方法4:生活習慣を見直す

黒ニキビの改善方法として意外と見落としがちなのが、生活習慣の見直しです。
スキンケアなどの対策をしていてもなかなか治らないという場合、普段の生活習慣の乱れが原因になっている可能性があります。
生活習慣というのは、主に睡眠や食生活においての話になります。十分な睡眠やバランスの良い食生活はホルモンバランスを整え、皮脂の分泌量も調整する効果があります。
肌への直接的なケアであるスキンケアばかりを重要視してしまいがちですが、生活習慣が乱れてしまっていては正しいスキンケアをしていても黒ニキビが治ってくれません。自分の普段の生活に不規則な部分がないか、改めて確認してみましょう。

リプロスキンの黒ニキビ予防効果

ニキビの悩みを抱えている方にオススメの化粧水「リプロスキン」は、肌の角質層まで届く高い浸透力が特徴で、黒ニキビへの対策としても十分に効果が期待できます。抗炎症作用のある有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているため、様々なニキビの予防に効果を発揮するのです。
また、独自の浸透(角質層まで)技術によってお肌の内側(角質層まで)の水分量を補うことができるため、日々のスキンケアにもおすすめです。
黒ニキビの段階では、まだ本格的なアクネ菌の増殖は始まっていません。そのような黒ニキビでもしっかり予防することが、ニキビ跡などを防ぐことにもつながるのです。

黒ニキビの予防方法

黒ニキビを予防するためには、まず体の内側から整えましょう。改善方法の項目でも触れていますが、生活習慣の乱れというのはお肌の不調に直結してきます。主には睡眠不足や偏った食生活が原因となります。十分な睡眠とバランスの良い食生活を、敏感肌が気になる方は特に意識して徹底するようにしましょう。
また外からの予防策としては、正しい洗顔と保湿が基本中の基本です。朝・晩と洗顔をして汚れを溜めないようにし、清潔なタオルで水気を取り、化粧水や乳液などでしっかりと保湿をしましょう。
しかし必要以上に頻繁に洗顔をしたり、ゴシゴシとこするように洗ってしまったりすると、お肌にダメージが加わって逆効果になってしまうこともあるため注意が必要です。

まとめ

黒ニキビは、その色のせいもあってどうしても気になってしまいます。
深刻に捉えてしまいがちですが、決して炎症が進んでしまっている段階ではないため、正しい対処をすることで治すことができます。
赤ニキビや黄色ニキビへと進行させないためにも、黒ニキビの段階でしっかりとケアをしておきましょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方についてはこちら