大人ニキビの原因や治し方とは

大人になってからできるニキビは、思春期のときよりもニキビが治りにくい、もしくは悪化しやすくなっていると感じていませんか?
実は、大人になってからできる大人ニキビは、思春期ニキビと異なるニキビで、ケアの方法などすべてが異なります。
そこで今回は大人ニキビの特徴から原因、さらにはケアの方法などをお話ししていきたいと思います。

大人ニキビの特徴とは

はじめに、大人ニキビの特徴について見ていきましょう。
大人ニキビは、20歳を過ぎた辺りからできるニキビ(吹き出物)を指します。
原因はさまざまなものがあり、いずれもホルモンバランスが乱れてしまうことへとつながるものが多い傾向です。
そのため、大人ニキビが発生する主な場所は顎や口周りなどのUゾーンが多いことも特徴として挙げられます。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

では、大人ニキビと思春期ニキビにはどんな違いがあるのかを見ていきましょう。
主な違いは下記の通りです。

ニキビタイプ 主な原因 主にできる場所
大人ニキビ 肌の乾燥やストレスなどによるホルモンバランス乱れ 顎や口周りなどの Uゾーン
思春期ニキビ 皮脂の過剰分泌 性ホルモンや成長ホルモンの乱れによる皮脂の過剰分泌

以上を見ていくと、大人ニキビと思春期ニキビはニキビができる主な原因やできる場所が異なることがわかります。
思春期ニキビは第二次性徴期によって、性ホルモンや成長ホルモンが乱れることによる皮脂の過剰分泌と明確であることに対し、大人ニキビは肌の乾燥やストレスなど、さまざまな要因によってホルモンバランスが乱れることによって起きるという、原因が複数あることがわかります。
そのため、ニキビができる場所も大きく異なっており、それぞれのホルモンが影響を受けやすい場所ができてしまいます。
そのため、大人ニキビと思春期ニキビは別のものと考えるようにする必要があります。

大人ニキビの原因

では、大人ニキビと思春期ニキビには大きく違いがあることがわかったところで、改めて大人ニキビの原因を見ていきましょう。
先ほどもお話ししたように、大人ニキビにはさまざまな原因があり、いずれもホルモンバランスの乱れへとつながっていくものです。
そのため、ここで大人ニキビの原因をしっかり確認しておきましょう。

肌の乾燥

まず1つ目は肌の乾燥です。
肌は日々紫外線をはじめとするさまざまな要因で乾燥しやすい状況です。
肌がさまざまな要因で乾燥し、肌の乾燥が続いてしまうと、表面を潤おそうと肌の内部から皮脂が過剰に分泌するようになっていきます。
すると、肌の内部にあるべき皮脂まで分泌されてしまい、肌の内部は乾燥した状態が続き、ターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下しやすくなります。
すると、毛穴に多く分泌された皮脂が入り込み、大人ニキビとしてでき、ニキビ跡としても悪化しやすくなってしまいます。
大人ニキビは肌の乾燥によるニキビが多いため、日頃から乾燥には注視する必要があります。

ホルモンバランスの乱れ

2つ目はホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスの乱れは思春期のときにもありますが、思春期ニキビの場合の多くは性ホルモンと成長ホルモンが活発化し、皮脂腺が刺激されることによってできます。
それに対し、大人ニキビの場合は、男性ホルモン過剰に分泌されることによってターンオーバーが乱れることで、ニキビができてしまいます。
さらに、大人ニキビは思春期ニキビと異なり、ホルモンバランスが乱れてしまう原因が一つだけではありません。
そのため、ホルモンバランスの乱れを整えていくためには、多くのポイントを見直していく必要があります。

不規則睡眠

3つ目は不規則な睡眠です。
日々仕事や家事など、さまざまな物事に追われていると、睡眠時間が少なくなってしまうということも多いと思いますが、実は睡眠時間が少ないことも大人ニキビができる原因でもあります。
不規則な睡眠や睡眠不足、さらには質の悪い睡眠をとり続けていると、交感神経が刺激され、ホルモンバランスが乱れていきます。
さらに、睡眠時間は肌のターンオーバーが行われる時間でもあるため、肌の新陳代謝も下がります。
そのため睡眠時間が不規則になったり、少なくなってしまうと、大人ニキビができやすくなるだけではなく、大人ニキビが治りにくい原因にもなります。
そのため、大人ニキビ対策の対策をするときは睡眠時間も必ず見直していきましょう。

不摂生な食生活

4つ目は不摂生な食生活です。
不摂生な食生活を送り続けることもまた、大人ニキビの原因として挙げられます。
脂分や油分、糖分を多く含んだものを食べ続けると、皮脂の分泌を促し続けてしまいます。
そのため、手軽に食べることができるスナック菓子やケーキなどの菓子類、さらにはジャンクフードなどを食べ続けていると、体の中から大人ニキビができやすい肌になってしまいます。
そのため、大人ニキビを予防するためにも、日々の食生活がどのようになっているのか、見直していくことも大切なことです。

ストレス

5つ目はストレスです。
大人は思春期の子どもたち以上に、日々の仕事や家事、さらには生活をしていくうえでストレスをためやすい環境になっていきます。
そのため、ストレスをためすぎていると、睡眠不足になったときと同じく、ホルモンバランスが乱れやすくなり、皮脂が多く分泌されやすくなってしまいます。
さらに、ストレスは毛穴を収縮することで肌が硬化しやすくする作用もあります。
そのため毛穴の皮脂汚れなどが詰まったままの状態になりやすくなるため、大人ニキビの原因の中でももっとも注意してほしいポイントです。

以上が大人ニキビの原因です。
いずれも原因が限られている思春期のニキビと異なり、さまざまな要因があることがわかります。
そのため、原因の多さから、ふとしたきっかけで大人ニキビとなり、悪化を招きやすい環境でもあるため、日々注意が必要です。

大人ニキビを改善する為のケア方法

大人ニキビができてしまう原因を見てきたところで、次は大人ニキビを改善するためのケア方法について見ていきたいと思います。
先ほどお話ししたように、大人ニキビの原因は複数あるため、日頃からケアを行なっていくことが改善への第一歩です。
では、大人ニキビを改善するためのケア方法を一つ一つ、確認していきましょう。

保湿を徹底する

まず1つ目は保湿を徹底することです。
先ほどお話ししたように、肌は日々さまざまな要因で乾燥していきます。
乾燥によって、ターンオーバーの周期が乱れることのほか、古い角質がたまりやすくなり、毛穴詰まりなどの症状が起き、大人ニキビへとなっていきます。
そのため、日々の保湿ケアを徹底することが大人ニキビをケアするためには欠かせない対策方法です。
保湿ケアを行うためにも、保湿する力が多く含まれている美容成分が配合されている基礎化粧品を取り入れていくことがもっとも大切です。
主な美容成分は下記のものが挙げられます。

成分名 主な役割
ビタミンC誘導体 コラーゲンの生成を促す
セラミド 肌のバリア機能を保ち、水分蒸発を防ぐ
アミノ酸 コラーゲンを増やしたり、肌機能を保つ
コラーゲン ハリと弾力を与える
ヒアルロン酸 肌の保水力を保つ

適度な洗顔を行う

  1. 洗顔回数は一日2回に留める
  2. 保湿タイプや低刺激の洗顔料を使用する
  3. 洗顔を行うときはしっかり泡だて、優しくこするように洗顔をする
  4. 清潔なタオルを顔に優しく押し当てて水分を取る
  5. 洗顔後はすぐにスキンケアを行う

いずれも、肌の乾燥を防ぐだけではなく、保湿しやすい肌へと整えてくれる美容成分です。
化粧水やクリームはもちろん、美容液や導入剤(ブースター)などに配合されているか、成分表を確認しながら、自身に合う基礎化粧品を選んでいきましょう。

適度な洗顔を行う

2つ目は適度な洗顔を行うことです。
大人でも、ニキビが多くできてしまうと肌が汚れていると感じ、洗顔回数が増やす、もしくはニキビ用の刺激の強い洗顔料を使用する人もいると思います。
しかしいずれも肌に強い刺激が与えられ、より肌の乾燥になりやすくなってしまうので、大人ニキビのケアを行なっていくときは正しい洗顔を行なっていくことも大切です。
洗顔のポイントは大きく5つ挙げられます。

  1. 洗顔回数は一日2回に留める
  2. 保湿タイプや低刺激の洗顔料を使用する
  3. 洗顔を行うときはしっかり泡だて、優しくこするように洗顔をする
  4. 清潔なタオルを顔に優しく押し当てて水分を取る
  5. 洗顔後はすぐにスキンケアを行う

いずれのポイントも大人ニキビの原因である肌への刺激や、乾燥を招かないためには必要なものです。
そのため、大人ニキビをケアし、予防しやすい肌にするためには洗顔の方法も今一度見直していきましょう。

規則正しく睡眠をとる

3つ目は規則正しく睡眠をとることです。
睡眠時間は肌が生まれ変わるための活動がもっとも活発になる時間であるため、睡眠時間が短くなる、もしくは質の悪い睡眠をとり続けていると、肌のターンオーバー周期が乱れていきます。
さらに大人はターンオーバーの周期が長くなって知るため、睡眠時間が短くなる、もしくは質の悪い睡眠をとり続けていると、本来の周期で出てくるべきタイミングで新しい肌が表面に出にくくなります。
その結果、より敏感な状態となり、大人ニキビもできやすくなるだけではなく、治りにくくなるなどの症状が出てしまいます。
そのため、大人ニキビをケアし、予防していくためには睡眠時間を見直すことも大切です。
仕事や家事などさまざまなタスクがある大人だと、肌のターンオーバーがもっとも活発になるゴールデンタイム(22時から2時までの間)に睡眠をとることが難しい人も多いと思います。
そのため、大人ニキビの対策をするときは、睡眠時間は最低でも6時間は取るように心がけ、すぐに入眠ができるよう心身リラックスできる環境を築いていくことも大切です。

バランスの良い食事を摂る

4つ目はバランスの良い食事を摂ることです。
日々忙しいときを過ごしている、もしくはもっと体を細くしたいと言ったことから、食事を抜いてしまう人も多いと思いますが、実はそれもニキビができてしまう原因です。
いずれを行なっていると、栄養不足になってしまうだけではなく、肌がターンオーバーするための活力を断つ、無意識にストレスの元になってしまうなどのことへつながってしまいます。
そのため、主に肌を作り出す、もしくは整える効果のある「タンパク質」や「ビタミン」、「ミネラル」を多く取り入れていくと効果的です。
大人ニキビのケアや予防しやすくするためにも、日々食事を取るときは栄養バランスをしっかり考えながら摂るようにしていきましょう。

ストレスの解消をする

5つ目はストレスの解消をすることです。
日々生活を送っていると、さまざまなトラブルや責任に見舞われることが多い大人はストレスがたまりやすい環境です。
ストレスがたまってしまうと、ホルモンバランスを指示している下垂体が狂い、そこからホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーやバリア機能が低下した末に大人ニキビができやすくなってしまいます。
そのため、日々何かしらの形でストレスを解消できる環境を作っていきましょう。
一日の中でリラックスできる環境を作ることに加え、自身の好きなことを行うことなども取り入れていくことで、ストレスを解消しやすい環境を作っていきましょう。
ストレスと上手に付き合うことで、大人ニキビをケアし、予防しやすい肌へと整えていくことができるので、どうすればストレス解消ができるのかを見出すことが大切です。

男女別のケアのポイントを知っておく

6つ目は男女別のケアのポイントを知っておくことです。
実は、大人ニキビは男女によってケアや予防のポイントが異なります。
そのため、いずれに合うケアのポイントを知っておくことで、より大人ニキビを予防しやすくなります。
それぞれどのような対策をすれば良いのか、下記にまとめましたので、チェックしていきましょう。

男性の大人ニキビでのケアのポイント

男性の大人ニキビでのケアのポイントは、髭を剃る時のタイミングです。
髭剃りのタイミングは、肌に大きな刺激を与えてしまうときでもあります。
そのため、肌のバリア機能が破壊されてしまい、大人ニキビができやすい環境となってしまいます。
したがって、髭を剃るときは水で肌を潤してから、シェービング剤などをのばしてから行うようにしていきましょう。
さらに、髭を剃ったあとも保湿ケアを取り入れていくと、より大人ニキビを予防することができるので、忘れないように行いましょう。

女性の大人ニキビでのケアのポイント

女性の大人ニキビでのケアのポイントはクレンジングとメイクです。
まず、クレンジングも手軽に行うことができるシートタイプを取り入れてしまうと肌への刺激が強く、大人ニキビができやすくなってしまいます。
そのため、クレンジングも肌への負担が低いクリームタイプや乳液タイプ、バームタイプを取り入れていくと良いでしょう。
また、大人ニキビができた状態の肌にメイクをするとき、使用する化粧品やメイクの方法によっては悪化してしまう可能性があります。
そのため、大人ニキビができた状態の肌に使用する化粧品は油分が少ないものを、メイクをするときもニキビができているところに目がいかないように工夫をするなどを行ないましょう。

大人ニキビと似た症状の病気に注意

そして、大人ニキビは症状が似た病気が多いことも挙げられます。

病名 病気の概要 症状
毛包炎(毛のう炎) 毛包(毛根を包む組織)に細菌(主にブドウ球菌)が感染し、炎症を起こす。頭にもできることがある
  • 赤みのある小さな膿ができる
  • 軽いかゆみを起こす
おでき(癤) 毛包やその周囲が炎症を起こし、化膿した状態になる、毛包炎(毛のう炎)が悪化したもの
  • 中心に盛り上がった膿栓ができる
  • 皮膚がかたくなってズキズキと痛む
  • 赤みや熱をもつ
脾粒腫(ひりゅうしゅ) 白、もしくは黄色に近い白の湿疹ができる。目の周りに多い かゆみなどの症状は見られない
粉瘤 水泡(すいほう)などが膿(う)んでできた良性の腫瘍 悪化した場合のみ下記症状が起きる

  • 赤みがでる
  • 腫れが出る

いずれも大人ニキビと症状が似ているものが多くため、見分けがつかないことも多い傾向です。
そのため、いずれかに心当たりがあったときは、皮膚科へ足を運ぶことも検討していきましょう。

まとめ

今回は大人ニキビをテーマにさまざまな視点からお話ししていきました。
原因やケアの方法をはじめ、似た病気や男女それぞれの対策ポイントなどが見えてきたと思います。
日々のライフスタイルに合わせながら、大人ニキビをケアし、予防していけるように心がけましょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方の情報はこちら