大人ニキビの原因や治し方とは

大人になってニキビができると、「なんで大人になってまでニキビに悩まなきゃいけないの……」と嫌になってしまいますよね。
しかし思春期の頃のニキビよりも治りが遅く、深刻な悩みになってしまいがちです。
実は大人ニキビは、思春期ニキビとは原因も治し方も変わってくるということをご存知でしょうか。
今回はそんな大人ニキビの原因や治し方について詳しくお教えいたします。

大人ニキビの原因

お肌の乾燥


お肌が乾燥していることによって皮脂が過剰に分泌し、大人ニキビの大きな原因となります。
乾燥が原因で皮脂が分泌されるというのはイメージ的には理解しづらいですが、実はお肌が乾燥しているとそれを補おうとして過剰に皮脂が分泌されてしまうのです。

ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビ特有の原因として、ホルモンバランスの乱れがあります。
思春期ニキビに関しても、男性ホルモンの増加によって皮脂の分泌が促されてニキビができてしまいますが、大人の女性の場合でもホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌量が増えてニキビができてしまうのです。

不規則睡眠

不規則な睡眠や睡眠不足によって交感神経が刺激されてしまい、男性ホルモンが分泌量が増えてしまいます。
また、お肌のターンオーバーは主に眠っている時間に行われます。特に眠り始めてから3時間ほど経った頃には、お肌の新陳代謝が最も活発になります。その時間帯にしっかりノンレム睡眠が取れていないと、ターンオーバーがうまく為されません。

不摂生な食生活

睡眠と同じく生活習慣の一環として、食生活の乱れも大人ニキビの原因になります。
栄養バランスの偏った食事の摂り方をしていたり、脂っぽいものばかり食べていたりすると、大人はすぐにお肌に表れてきます。

ストレス

ストレスを溜めすぎていると、睡眠不足と同じように男性ホルモンの分泌量が増えて皮脂の分泌が促進されます。
またストレスによって肌が硬化してしまい、毛穴が収縮して皮脂汚れなどが詰まりやすくなってしまうということも大人ニキビの原因になります。

大人ニキビの改善方法

改善方法1:洗顔・保湿を徹底する

大人ニキビの根本的な原因は、皮脂汚れなどが毛穴に詰まってしまうことであるため、まずはお肌を清潔に保つ必要があります。正しい方法で洗顔することを心がけましょう。1日2回程度、擦りすぎないように洗顔料で汚れを洗い流し、清潔なタオルで拭きます。洗顔料がお肌に残ってしまったりすることもニキビを引き起こす原因となるため、しっかり洗い流してください。
また、洗顔後の保湿も徹底して行いましょう。肌の乾燥によって皮脂の過剰分泌が起こるため、保湿によってお肌の水分量を保つことははとても重要です。

改善方法2:規則正しく睡眠をとる


規則正しく十分な時間の睡眠をとることを習慣化しましょう。
特に22:00~2:00の時間帯というのはお肌のターンオーバーが最も活発に行われる時間帯です。大人の方で夜の10時より前に就寝するという人は少ないかと思いますが、極力この時間帯に眠りについていることが望ましいです。

改善方法3:バランスの良い食事を摂る

普段から栄養バランスの良い食事を摂るようにしましょう。
脂っぽいものは皮脂の分泌を促進してしまうため極力控え、ビタミン系の栄養素を積極的に摂るようにすると、お肌の健康が改善されていくかもしれません。
特にビタミンBは肌の再生機能の活性化を促す効果があるため、特に進んで摂取しましょう。

改善方法4:ストレスの解消をする

ストレス社会と言われる現代ですが、ストレスの溜めすぎは男性ホルモンの分泌を活性化して皮脂の分泌を促し、結果的に大人ニキビにつながってしまう可能性があります。
日常の中でストレスの発散方法を見いだすのはなかなか難しいことかもしれませんが、少しでも精神的にリラックスできるような方法や環境を確保するようにしましょう。

まとめ

大人ニキビは思春期ニキビとは違い、お肌の乾燥やホルモンバランスの乱れ、好ましくない生活習慣などが原因でできてしまいます。
そのため基本的な洗顔や保湿のほか、生活習慣の改善が非常に重要になってくるでしょう。
また、大人に特有の社会生活におけるストレスもニキビの要因となるため、適度なストレス発散も心がけるようにしましょう。

>>ニキビ跡のケアや治し方の情報はこちら