ニキビ跡のケアと正しい治し方とは?

ニキビやニキビ跡は多くの人が経験する肌のトラブルとして挙げられるものです。
しかし、どのようにケアをすれば良いのか、悩んでいる人も多いと思います。
ここではニキビやニキビ跡をはじめ、赤みなどさまざまな悩みを持つ方のために、正しいケアや対処方法についてご紹介していきます。

ニキビの種類

ニキビ跡の種類と原因それでははじめに、ニキビの種類についてお話ししたいと思います。
ニキビの種類にはどのようなものがあるのかを理解することで、どのようなケアをすれば効果を得ることができるのかが見えてきます。
では、種類を一つひとつ見て行きましょう。

白ニキビ

まずは白ニキビです。
白ニキビは、ニキビの最初の段階にあたる状態のものです。
皮脂や付着した汚れが毛穴に入り込み、肌の中から盛り上がり、白い点状のような形状であることが特徴です。
そして白ニキビの多くは炎症が起こっていないため、痛みやかゆみを伴わないことが多いです。
したがって、白ニキビはできたときに予防することが効果的なケアに挙げられ、すぐにケアを行えばニキビ跡になる可能性を下げることができるタイプといえます。

>>白ニキビ原因の一覧はこちら

黒ニキビ

次は黒ニキビです。
黒ニキビは、毛穴が開き切ってしまうことで汚れが表面に出て、白ニキビだったものが変色し、黒く見えてしまう状態のものです。
黒く見えてしまう理由は、皮脂や古い角質などの汚れが空気に触れてしまうことによって、酸化を起こし、黒く変色してしまうことが挙げられます。
変色してしまうと、肌を見たときにとても目立ってしまうため、悪化していると思う人も多いようです。
しかし、黒ニキビは白ニキビが黒く変色したものであるため、初期段階にあたるものです。
したがって、極力白ニキビの段階で予防する、もしくは黒ニキビを目立たない、もしくは優しく取り除いていくことが挙げられ、白ニキビと同じくすぐにケアを行えば悪化する可能性を下げてくれるタイプといえます。

>>黒ニキビの原因一覧はこちら

赤ニキビ

次は赤ニキビです。
赤ニキビは白ニキビの中にあるアクネ菌が増殖し、活性化したことによって、赤く腫れてしまった状態のものです。
皮脂や古い角質などの汚れが毛穴の多くたまってしまうと、アクネ菌が増殖し、活性化します。
すると、アクネ菌を抑えようと毛穴の中や周辺に白血球が集まってしまうことで、ニキビの中や周りが赤みを帯び、炎症を起こしてしまいます。
また、赤ニキビとなってしまうと、痛みを伴い、赤みを帯びてしまうだけではなく、ケアや予防を行なったとしてもニキビ跡となってしまう傾向です。
したがって、効果的なケアするときは白ニキビの段階で対策を行う、そして赤みを帯びた炎症を起こしたときはていねいなケアを行なっていくことが挙げられ、ていねいかつ早めのケアをする必要があるタイプといえます。

黄色ニキビ

次は黄色ニキビです。
黄色ニキビは化膿ニキビとも呼ばれており、赤ニキビの炎症がさらに激しくなり、ニキビの中心部分が膿(う)んだ状態を指します。
赤ニキビと同じように赤みを帯びた炎症を起こしていますが、黄色ニキビはそこからさらに進行しているものです。
増殖し活発化したアクネ菌を抑えようと白血球が集まり、赤みを帯びた炎症が起きてしまいますが、黄色ニキビはさらに皮膚の表面まで炎症が起きることによって、ニキビの中心に膿(うみ)がたまってしまいます。
黄色ニキビになってしまうと皮膚の表面までダメージがきており、薄くつぶれやすい状態になっているため、つぶしてしまうと高確率でニキビ跡となってしまいます。
よって、黄色ニキビはできるだけ優しくケアを行う、もしくは赤ニキビの段階でどうにか抑えられるように多くの対策やケアを行なっていくことが効果的なケアとして挙げられ、ていねいかつすぐにケアをする必要があるタイプといえます。

>>黄色ニキビの原因の一覧はこちら

紫ニキビ

最後は紫ニキビです。
紫ニキビとは、赤ニキビや黄色ニキビよりも炎症、化膿が進行してしまった、いわばもっとも悪化してしまった状態を指します。
炎症や化膿(かのう)が繰り返し起き続け、肌の内部でも深い部分まで炎症が進んでしまうことによって、血と膿(うみ)がたまっていきます。
すると、たまってしまった血と膿(うみ)は皮膚の表面に紫色の塊となって盛り上がっていきます。
この流れで紫ニキビができてしまい、肌の表面に凹凸を作るだけではなく、ニキビ跡としてはっきり残ってしまいます。
そのため、紫ニキビは白ニキビや黒ニキビから赤ニキビ、黄色ニキビを経て悪化させないように日々のケアを見直すことで予防をする必要があります。
また、できてしまったときは皮膚科に通院したりして、治療を行なっていく必要があるタイプといえます。

>>紫ニキビ原因の一覧はこちら

ニキビ跡の種類と原因

ではニキビの種類を確認したところで、次はニキビ跡の状態による原因について見ていきましょう。
ニキビ跡とは、肌の炎症や傷、色素の沈着などによって出来てしまったニキビが炎症を起こした跡を指します。
そして正しいケアを行い、効果を得るための対策をするためにも、ニキビ跡の種類と原因を把握することは大切なことです。
そこで、まずは一つ一つ紹介します。

赤みを帯びたニキビ跡

1つ目は赤みを帯びたニキビ跡です。
このタイプがニキビ跡の中でももっとも多く、赤みを帯びてしまっている状態を指します。
赤みを帯びたタイプの原因は主に大きく2つ挙げられます。

  1. 完全に炎症が治まっていない
    まず1つ目は、ニキビの炎症が完全に治まっていないからです。
    表面的にニキビの炎症が治まっているように見えていても、皮膚内では治まっておらず、続いている状態です。
    そのため、ニキビの炎症からニキビ跡となった肌の内部で、細胞がより赤みを帯びてしまうと、赤みを帯びたニキビ跡になってしまいます。
  2. 細胞を治すために毛細血管が拡張してしまう
    2つ目は細胞を治すために毛細血管が拡張してしまうからです。
    毛細血管は細胞が破壊されてしまうと、破壊された細胞を再生させようと拡張する性質を持っています。
    そしてこの動きは、ニキビができ、炎症からニキビ跡になったときにも起きます。
    そのため、破壊された肌を再生させようと、毛細血管が拡張してしまうことで、ニキビ跡に赤みを帯び、赤みを帯びたニキビへとなってしまいます。

>>赤いニキビ跡を消す方法や化粧水についてはこちら

色素沈着したニキビ跡(シミ)

次は色素沈着したニキビ跡(シミ)です。
色素沈着したニキビ跡のほとんどは赤みを帯びたタイプから変化したもので、茶色く変色し、シミのようになったタイプを指します。

色素沈着したニキビ跡の原因はメラニンが過剰に発生してしまうことが挙げられます。
メラニンは本来、紫外線などから肌を守るために作られ、ターンオーバーによって古い肌とともに排出されていきます。
しかし、赤みを帯びたニキビ跡の跡がさらに炎症を起こし、細胞が破壊された肌に、紫外線が当たってしまうと、メラニンはより肌を守ろうと多く作られていきます。
しかも、炎症が起きている肌は、ターンオーバーが乱れていることが多いため、結果肌に残ってしまい、色素沈着したタイプの跡(シミ)になってしまうのです。

>>色素沈着したニキビ跡を消す方法についてはこちら

クレーターになったニキビ跡

次はクレーターになったニキビ跡です。
クレーターになったニキビ跡は、皮膚の組織が破壊され、肌の中でも深い部分にある真皮層や皮下組織まで傷ついてしまうことによってできたタイプです。

クレーターになったニキビ跡の原因は、強い炎症が挙げられます。
赤みを帯びたニキビ跡が強い炎症を起こし、真皮層まで傷ついた皮膚がターンオーバーを繰り返してしまうことで、肌の表面が陥没した状態になってしまいます。
また、クレーターになったニキビ跡は一度できてしまうと自然に治療することが難しいため、未然に防ぐことが大切です。

>>クレーターになったニキビあとを消す方法の詳細はこちら

しこり(ケロイド)

次はしこり(ケロイド)です。
しこり(ケロイド)は赤みを帯びたニキビ跡からクレーターになったタイプの悪化を経てできてしまう、ニキビ跡の最終地点にあたるものです。

しこり(ケロイド)の原因は、長期間にわたってニキビ跡が悪化したことが挙げられます。
いずれのニキビ跡に触れる、もしくは爪で引っ掛けるなどの刺激を与えると、ニキビ跡に雑菌が入り、化膿してしまいます。
化膿を起こした肌を再生しようと、体内ではコラーゲンを生み出しますが、そのコラーゲンが過剰に発生し、多くたまってしまうとしこり(ケロイド)となります。
そしてしこり(ケロイド)もまた、クレーターになったタイプと同じように、一度できてしまうと自然に治療することが難しいものです。
したがって、ニキビができたとき、もしくはニキビ跡の初期段階で沈静化するように心がける必要があります。

年代ごとのニキビの特徴

ここまでニキビやニキビ跡の種類、原因を見てきたところで、年代ごとにどのニキビやニキビ跡ができやすいのか、見ていきましょう。
今回は大人のニキビと思春期のニキビと2つ見ていきたいと思います。

大人のニキビの特徴

大人のニキビの特徴
まずは大人のニキビの特徴から見ていきましょう。
大人のニキビにはさまざまな原因がありますが、もっとも大きな原因が「ホルモンバランスの乱れ」です。
ホルモンバランスの乱れの主な原因は下記の通りです。

  • 生活習慣や食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 肌の乾燥

以上のような要因が重なっていくと、ホルモンバランスが乱れ、バリア機能の低下による皮脂の過剰な分泌、ターンオーバーの乱れによる古い角質が残るといったことが起き、そこからニキビができやすくなります。
そして大人ニキビはバリア機能の低下やターンオーバーの乱れによってニキビをケアしにくいだけではなく、赤ニキビや黄色ニキビ、紫ニキビとなりやすく、ニキビ跡になっても消えにくいことも挙げられます。
そのため、日々の予防やケアが重要なポイントとなります。

>>大人ニキビの原因と治し方についてはこちら

思春期のニキビの特徴

次は思春期のニキビの特徴を見ていきましょう。
思春期のニキビは、第二次成長期と呼ばれる中学生〜高校生くらいの頃に男女ともに成長ホルモンや性ホルモンの分泌が増加することが関係しています。
ホルモンバランスが乱れてしまうと、いずれのホルモンが活発に皮脂を出す皮脂腺を刺激していくことで、皮脂が多く分泌されます。
すると過剰に分泌された皮脂が毛穴にたまっていき、詰まっていくことによってアクネ菌が増えやすい環境となり、活発化してしまうことによって、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビとなっていきます。
そのため、思春期のニキビの場合は、ニキビができてしまう頰、額や鼻などのTゾーンを中心に清潔さを保つように洗顔などのケアを行い、対策と予防を同時に行なっていくことが重要です。

>>思春期ニキビの原因と対処法の一覧はこちら

性別ごとのニキビの特徴

年代ごとにどのニキビやニキビ跡ができやすいのかを見たところで、次は性別ごとのニキビに見ていきましょう。

女性ニキビの特徴

まずは女性のニキビの特徴から見ていきましょう。
女性のニキビは、さまざまな原因があり主な原因は下記の通りです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • メイクなどの外部環境からの影響
  • 食生活の乱れ
  • 胃腸の不調

以上のように、女性の場合は食生活が乱れることによる胃腸の不調や、睡眠時間が不足する、ストレスがたまるなどのホルモンバランスの乱れなど、日々の生活に関わるものが多いことがわかります。
また、女性の場合は日々のメイクによって毛穴が詰まる、メイクをするためのブラシやパフに雑菌がつく、そして生理前後の女性ホルモンの変化によってもニキビができやすくなることから、赤ニキビや黄色ニキビなど悪化しやすいものが多い傾向です。
したがって、日頃からニキビケアを行い、予防を行なっていくことが大切です。

>>女性のニキビの原因の一覧はこちら

男性ニキビの特徴

次は男性のニキビの特徴を見ていきましょう。
男性のニキビは、さまざまな原因があり主な原因は下記の通りです。

  • 男性ホルモンの活発化による皮脂腺が活発に動く
  • 皮膚への過度な刺激

以上のように、男性の場合は女性の場合と異なり、男性ホルモンが活発化することによるものと、刺激によるものと大きく2つに分けられます。
そのため、白ニキビから黒ニキビから、赤ニキビ、黄色ニキビなどと幅広い種類のニキビができやすい傾向です。
したがって、男性の場合はホルモンバランスを整えるように生活習慣を見直すことと、髭剃りなどで肌を刺激しないように工夫を重ねるといったことで予防を行なっていくことが重要なポイントです。

>>男性のニキビの原因の一覧はこちら

ここまでニキビの種類や、ニキビ跡の種類、さらには年代や性別ごとにできるニキビの特徴など見ていきました。
次はニキビを治すために何をすればいいのかということについてお話ししたいと思います。

ニキビケアにおすすめのスキンケア方法

ニキビを治す方法

ニキビを治すためにまずできることは、スキンケアを見直していくことです。
スキンケアを見直し、ケアの方法などを見直していくだけでも、ニキビやニキビ跡に対して効果を多く得ることができます。
では、ニキビをケアし、多くの効果を得るためのスキンケア方法をご紹介したいと思います。

ていねいな洗顔をする

まず1つ目はていねいな洗顔を心がけることです。
洗顔を行い、肌を清潔な状態に保つことは、ニキビ対策の中でももっとも基本的なことです。
ニキビを予防する、もしくはできてしまったニキビやニキビ跡をケアしていくためには、洗顔を正しい方法で、ていねいに行なっていくことが重要です。
ていねいな洗顔を行うためにも、回数や使用する洗顔料、水温、拭き取るときのタオルなどの観点から見ていきましょう。

洗顔回数

まずは洗顔回数についてですが、必要以上に行わず、朝晩の2回にとどめておくようにしましょう。
ニキビやニキビ跡ができてしまうと、皮脂や古い角質、汚れなどを落とすために洗顔回数を増やしたらいいのではないかとなる人もいると思います。
しかし、回数を増やしてしまうと、肌への負担が大きくかかってしまい、逆効果です。
中でも赤みを帯びた炎症を起こしてしまっている赤ニキビやニキビ跡をはじめとする悪化したタイプがあるときに回数を増やしてしまうと、洗顔による刺激でかえって悪化し、効果を得るどころではなくなってしまいます。
そのため、ケアを行うためにも、洗顔回数は絶対増やさないようにし、朝晩の2回行うようにしましょう。

洗顔料

次に洗顔料ですが、大きく2つのポイントがあります。

  1. 使用する洗顔料
    使用する洗顔料は肌への負担が低い商品を使用するようにしましょう。
    皮脂や古い角質などの汚れを落とす、もしくは毛穴に詰まった皮脂を取り除くためにスクラブ洗顔料やピーリングを毎日使用していると、肌への強い刺激で大きな負担がかかり、ダメージを与えてしまいます。
    肌への負担が低いクリームタイプや乳液タイプ、泡立ちやすいフォームタイプを使用しましょう。
  2. 洗顔料の扱い方
    洗顔料の扱い方ですが、基本的に泡立ててから、そして一回分の使用量を守りましょう。
    泡立てずそのまま直に肌へ伸ばしてしまうと、肌への負担が大きくなってしまいます。
    そのため、泡立てることができる洗顔料はしっかり泡立ててから、もしくは泡立てない商品の場合は使用量を守り、確実に肌をケアし、効果を得るようにしましょう。

洗顔時の水温

洗顔時の水温ですが、季節問わずぬるま湯で洗顔するようにしましょう。
冬場など寒いとき、水温を高い状態にしたまま洗い流している人も多いと思いますが、実は肌の乾燥を招き、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。
肌の水分を保ち、ケアできるように水温はぬるま湯を心がけましょう。

洗顔後のタオル

洗顔後のタオルも、大きく2つのポイントがあります。

  1. 清潔なものを使用する
    まずタオルは清潔なものを使用するようにしましょう。
    何度か使用しているタオルで顔を拭いてしまうと、タオルについていた雑菌や汚れが顔についてしまうため、ケアができず逆効果です。
    そのため、洗顔した後に拭き取るタオルは清潔なものを使用しましょう。
  2. 優しく当てるように拭き取る
    タオルで水分を拭き取るときは、優しく当てるように心がけましょう。
    強い力でゴシゴシ拭き取ってしまうと、肌に負担が大きくかかってしまい、こちらも逆効果です。
    水分を拭き取るときは、ケアをするように優しく押し当てていきましょう。

以上のポイントを守りながら洗顔を行なっていくと、ニキビのケアしながら、対策することができます。
今一度自身が今どのような洗顔を行なっているのか、今一度見直してみましょう。

保湿を徹底する

2つ目は保湿を徹底することです。
洗顔した後の肌は清潔ではありますが、本来潤いを与える皮脂や角質も洗い流されているため、もっとも肌が乾燥している状態でもあります。
そのため、洗顔したあと保湿をせずにいると、乾燥が進行してしまい、皮脂の過剰分泌が起き、ニキビができやすくなってしまいます。
そのため、洗顔をしたあとはすぐに保湿ケアを行なっていきましょう。
保湿ケアをするときは化粧水でしっかり水分を入れ込み、保湿クリームでふたをするようにすることが基本となります。
さらにしっかり保湿ケアを行いたいときは、美容液や導入液などプラスするのも一つの手です。
そして保湿ケア用の化粧品を取り入れるときに見てほしい保湿成分について、代表的なものをご紹介したいと思います。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は成分的に壊れやすいビタミンCが壊れないように安定させ、より浸透と保湿の効果を高めたものです。
ビタミンC誘導体が多く含まれていると、水分が肌に浸透するだけではなく、皮脂を抑えるために毛穴を引き締める、そしてシミを薄くするなどの効果を期待することができます。
そのため、ビタミンC誘導体はさまざまなニキビやニキビ跡の対策をすることができるという意味では、もっとも注目してほしい保湿成分です。
近年多くの基礎化粧品にビタミンC誘導体が含まれていますが、APPSやリン酸アスコルビルといった種類のビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶと良いでしょう。
中でもAPPSはビタミンC誘導体の中でも浸透力が高く、肌を潤すためにも効果的です。

保湿ケアを行うときは保湿対策を見直し、保湿成分として効果的なビタミンC誘導体が配当されているのか、必ず見直しましょう。

紫外線をカットする

3つ目は紫外線をカットすることです。
紫外線は肌にダメージを与えるだけではなく、肌の水分を奪うだけではなく、活性酸素が発生させます。
活性酸素は皮脂を酸化させ、毛穴詰まりを起こしやすくするだけではなく、肌のバリア機能も低下させる力もあるため、肌の水分量が減ってしまい、ターンオーバーの乱れが起き、さらにはアクネ菌が増殖しやすい肌に変えてしまいます。
そのため、日焼け止めを塗らずに日々歩く、夏に日焼けをしようとしていると、かえってニキビやニキビ跡ができやすい原因となってしまい、大変危険です。
季節を問わず日焼け止めをしっかり塗り、紫外線が強い春や夏などはサングラスや帽子など、紫外線対策をより行っていくようにしましょう。

食生活の見直し

4つ目は食生活を見直していくことです。
ニキビの原因は体質や日々のスキンケアだけではなく、実は食生活も該当します。
日頃から糖分や脂分を多く摂取してしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビやニキビ跡ができやすくなってしまいます。
ニキビができやすい食べ物は主に下記が挙げられます。

  • ケーキ類
  • スナック菓子やインスタント食品、ジャンクフード
  • 揚げ物類
  • アルコールなど、ほか

以上を食べ続けていると、とてもニキビができやすい体質となってしまいます。
そのため、ニキビを改善するためにはタンパク質をはじめ、ビタミン類や食物繊維、ミネラル、コラーゲン、乳酸菌などをうまく取り入れていく必要があります。
さらに、毎日朝と昼、夜に3食バランスよく食べていくことも重要なポイントです。
日々食事を抜かず、バランスよく食べていきましょう。

睡眠時間を改める

5つ目は睡眠時間を改めることです。
睡眠時間が短くなってしまうと、肌の細胞が活性化せず、肌の水分量が減ってしまうだけではなく、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下を引き起こしてしまいます。
そのため、日々のニキビ跡のケアや健康状態を整えていくためにも、睡眠時間を一度見直していきましょう。
そして睡眠時間をより多く取るために、夕食を取る時間や入浴する時間を整えることも大切です。
夕食の時間は眠る3〜4時間前、入浴する時間は眠る2時間前までに、といったように行うと、より多くの睡眠時間が確保できるだけではなく、より良い睡眠をとることも可能です。
したがって、ニキビ跡の改善効果が見えないときは、睡眠時間も見直してみましょう。

スキンケア方法を変える

6つ目はスキンケアを変えることです。
ニキビやニキビ跡がなかなかケアできないときはスキンケアが合っていない可能性もあります。
主に合っていないという判断材料としては、下記が挙げられます。

  • 肌がヒリヒリする
  • ニキビやニキビ跡に滲みる
  • ニキビが増えてしまった

以上のようなことが起きてしまったときは、一度スキンケアを変えることも検討しましょう。
変えてからも症状が出てしまうときは、肌を落ち着かせるためにスキンケアをやめることも一つの手です。

ニキビ跡の予防方法

では最後に、予防方法について見ていきましょう。
予防方法を知っておくことで、ニキビ跡による赤みなどをどうすればケアをし、効果を得ることができます。
そのため、ここでしっかりニキビ跡ができたときにどのような予防をしていけばいいのか、今一度見直していきましょう。

ニキビを自分でつぶさない

まず1つ目はニキビを自分でつぶさないことです。
黄ニキビや紫ニキビ、もしくは赤ニキビなど膿を持ったニキビができてしまうと、どうしてもつぶしたくなってしまうと思います。
しかし無理やりつぶしてしまう、もしくはつぶした後に正しいケアができないといったことになってしまうと、赤みを帯びたニキビ跡になる可能性があります。
さらにニキビ跡がより悪化し、肌にダメージが残り、最終的にはクレーターになったニキビ跡やしこり(ケロイド)となってしまいます。
そのため、自身でつぶさず、収まるまで日々ケアや保湿効果のある化粧品を重ねて様子を見る、もしくは皮膚科へ足を運ぶといったことを行うようにしましょう。

ニキビに触らない

2つ目はニキビに触らないことです。
ニキビができたしまうと、どうしても気になってしまい、触ってしまう人も多いと思います。
しかし、人の手はどれだけ清潔に保っていても、多くの雑菌が付着しています。
そのため、無意識に触れる、もしくはつぶしてしまうと雑菌が入り込んでしまい、ニキビが悪化してしまいます。
そしてそれはニキビ跡にも同じことが言え、雑菌が原因でニキビ跡が進行してしまうといったことも起きてしまいます。
そのため、予防をするためにもニキビには触れないようにしましょう。

紫外線対策を抜かりなく行う

3点目は紫外線対策を抜かりなく行うことです。
上記で触れたように、紫外線は肌にとって天敵とも言える存在です。
紫外線は肌へのダメージを与え、活性酸素を発生させるだけではなく、メラニン色素を合成して起きてしまう色素沈着も引き起こします。
さらに、ニキビ跡の状態になっている部分はメラニン色素が多くなっている場合が多く、色素沈着タイプのニキビ跡ができてしまう可能性が高くなります。
ニキビやニキビ跡に刺激をしないように、肌に優しいタイプの日焼け止めを季節問わず塗るようにしましょう。

>>ニキビの予防法の具体的な詳細はこちら

>>ニキビの予防に効果的な化粧水はこちら

まとめ

今回はニキビやニキビ跡について、さまざまな視点からお送りしていきましたが、いかがだったでしょうか。
種類や原因を見ていくと、どのようにニキビやニキビ跡をケアし、予防していけばいいか見えてきたと思います。
ニキビやニキビ跡の効果的なケアや予防をしっかり行ない、美しい肌を手に入れていけるように気をつけていきましょう。