ニキビ跡のケアと正しい治し方とは?

ニキビ跡がなかなか治らず、悩んでしまっている人はいませんか?
特に敏感肌の方などはニキビができやすく、そのような悩みを抱えている人も多いのではないかと思います。
ニキビ跡とは肌の炎症や傷、色素の沈着などによって出来てしまったシミのことで、なかなか治すのが難しいことでも知られています。
しかし正しいケアや生活習慣の見直しをすることで、治りを早めることも可能なのです。
ここではニキビ跡でお悩みの方のために、正しいケアや対処の方法についてご紹介していきます。

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡の種類と原因

赤みを帯びたニキビ跡の原因

ニキビ跡として最も多いタイプが、赤みを帯びたニキビ跡です。
これには主に2つの原因があります。
ひとつは、ニキビが治ったと思っていても、実際には皮膚の下で炎症が完全に治まっていないというケース。これは実は深刻なニキビの症状が続いているというわけではなく、炎症の名残のようなものが残っているために赤みを帯びるようです。
そして2つ目の原因は、ニキビの炎症で破壊されてしまった細胞を治すため、毛細血管がニキビ跡の周辺に集中することによるものです。毛細血管が増えるとその付近の血液量が多くなり、赤みが目立つようになるようです。

>>赤いニキビ跡を消す方法や化粧水についてはこちら

ニキビ跡の色素沈着(シミ)の原因

ニキビが治まっても、その部分が茶色っぽく変色してシミのようになってしまうニキビ跡があります。
このようなものを、色素沈着(シミ)タイプのニキビ跡といいます。
これはもともと赤みを帯びたニキビ跡だったものが、紫外線を浴びることによって色素沈着を起こしてしまったというパターンが多いです。ニキビの炎症や紫外線のダメージから肌を守るために過剰にメラニンが発生し、茶色く跡が残ってしまうのです。

>>色素沈着のニキビ跡を消す方法についてはこちら

凸凹(クレーター)のあるニキビ跡の原因

ニキビが強い炎症を起こすことで皮膚の組織が破壊され、真皮層や皮下組織などお肌の深いところにまで傷が及んでしまうと、凸凹のあるクレーター状のニキビ跡ができてしまいます。
真皮層が傷ついている状態で皮膚のターンオーバーが繰り返されることで、皮膚の内側で差異が出て毛穴が崩れ、凸凹が生まれてしまうようです。
また、炎症が治まった後に皮膚が収縮する際、肌の表面が引っ張られることで凸凹ができてしまうこともあると言われています。

>>クレーターのあるニキビ跡を消す方法の詳細はこちら

ニキビ跡のしこり、ケロイド

ニキビ跡がしこりとして残ってしまう場合もあります。このしこりというのは、長い期間に渡ってニキビの影響でお肌の奥深くまで傷ついてしまった場合にできてしまいやすくなります。
お肌が傷を受けた部分を修復・再生しようと、肌細胞やコラーゲンを過剰に生成してしまい、結果的にそれらがしこりとして残ってしまうのです。
また体質によっては、そのようなお肌の奥深くのダメージによってニキビ跡が赤くなって盛り上がり、少し光沢を帯びたケロイド状になってしまうケースもあります。これもしこりと同様に、損傷部分の修復のための再生機能が正常ではなくなり、肌細胞やコラーゲンを過剰に生成してしまうことによって起こります。

色別のニキビ跡の種類

白ニキビ

白ニキビというのは、ニキビの最初の段階です。毛穴に溜まった皮脂や汚れが毛穴の中から盛り上がった状態になります。
痛みや痒みを伴わない白い吹き出物ができますが、まだ炎症の起きていない状態と言うことができます。

>>白ニキビ原因の一覧はこちら

黒ニキビ

白ニキビから皮脂が過剰に毛穴に詰まると、やがて脂肪の塊になって毛穴を塞ぎます。この状態が続くとその塊が空気に触れて酸化し、黒く変色します。これを黒ニキビといいます。

>>黒ニキビ原因の一覧はこちら

赤ニキビ

大量の皮脂によって毛穴が詰まってしまうと、その皮脂を栄養素とするアクネ菌が増殖します。増殖したアクネ菌は皮膚の組織を刺激し、その部分が炎症を起こして赤く盛り上がってしまいます。これを赤ニキビといい、痛みを伴うことが多いです。

黄色ニキビ

赤ニキビの状態が続くと、やがて内部が化膿して膿が溜まります。赤ニキビの中に黄色く膿が見えることから、黄色ニキビといいます。
黄色ニキビになると、アクネ菌のみならず黄色ブドウ球菌もニキビの中で増殖しているため、炎症が一気に広がってしまいます。
また、この状態も痛みを伴います。

>>黄色ニキビ原因の一覧はこちら

紫ニキビ

紫ニキビは、ニキビの内部に血と膿が溜まって紫色っぽく腫れてしまっている状態のことをいいます。
この状態は毛穴の周囲にも炎症が広がってしまっていて、治療した後もニキビ跡として残ってしまう場合が多いです。

>>紫ニキビ原因の一覧はこちら

大人のニキビの特徴

大人のニキビの特徴
大人のニキビには、様々な原因があります。皮脂の過剰な分泌だけでなく、ターンオーバーの乱れだったり、バリア機能が低下することによる角化異常などによってもニキビができてしまうのです。
また女性の場合は、メイクによって毛穴が詰まったり、生理前後の女性ホルモンの変化によってもニキビができやすくなります。
それらの理由のほか、大人のニキビは生活習慣の乱れによる影響も大きいです。特にストレスや睡眠不足、栄養バランスなどの問題は肌に表れやすいため、日頃の心がけは大切です。

>>大人ニキビの原因と治し方についてはこちら

>>女性のニキビの原因の一覧はこちら

>>男性のニキビの原因の一覧はこちら

思春期のニキビの特徴

思春期のニキビは多くの人が悩まされるものですが、これは第二次成長期と呼ばれる中学生〜高校生くらいの頃に男女ともに成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が増加することによります。
増加した男性ホルモンが皮脂線を刺激し皮脂分泌を活発にすることで、皮脂分泌量が大幅に増え、毛穴に詰まってしまいます。そしてその皮脂をエサにアクネ菌が増殖し、ニキビができてしまうのです。

>>思春期ニキビの原因と対処法の一覧はこちら

ニキビを治す方法

ニキビを治す方法

方法1:丁寧な洗顔をする

ニキビを治す最も基本的な方法は、肌を清潔な状態に保つことです。
毛穴の皮脂や汚れを落とさずにいると、アクネ菌が増殖してニキビの原因となってしまいます。常に肌を清潔にしておくことで、アクネ菌増殖のリスクを軽減することができるため、ニキビを治す上で洗顔は非常に重要なのです。
しかし洗顔には注意点も。中には、神経質になってしまって1日に何回も洗顔をしたり、肌をゴシゴシと強く洗ってしまう人がいますが、そのような洗顔は危険です。何回も洗ったり強く洗いすぎたりしてしまうと、肌が本来持っているべき水分まで洗い流してしまい、肌のバリア機能を弱体化させてしまうのです。
適切な回数で決して力を入れすぎず、きめ細かい泡で洗顔をするようにしましょう。また、泡が残らないように洗い流しもしっかり行い、清潔なタオルを使うようにしましょう。

方法2:保湿を徹底する

洗顔後の保湿は、洗顔と同じく非常に重要です。
洗顔した後というのは最も肌が乾燥しています。ここでしっかり保湿するのとしないのでは、肌の水分量に大きな差が出てきます。
洗顔後、時間をおかずに適量の化粧水を肌に馴染ませましょう。こすらず優しくなでるようにつけるようにすると、肌への刺激が少なくなるので良いです。
化粧水には、保湿性が高く刺激の少ないものを選びましょう。

>>ニキビ跡におすすめの化粧水についてはこちら

方法3:紫外線をカットする

夏になると、少しは日焼けしたくなるという人も多いかもしれません。しかし、実は紫外線は肌の天敵なのです。
紫外線を浴びることによって発生する活性酸素は皮脂を酸化させ、それが毛穴に詰まってニキビの原因となります。さらに活性酸素は肌のバリア機能も低下させてしまいます。結果的に肌の水分量が減ってしまい、アクネ菌が増殖してしまうのです。
また、紫外線はメラニン色素の合成も促し、ニキビ跡がシミになってしまう原因にもなるのです。
日焼け止めやサングラス、帽子などの紫外線対策はできる限り行うようにしましょう。

方法4:食生活の見直し

大人のニキビは特に、身体の外側からのケアだけでは治らない場合が多いです。特に同じ箇所に繰り返しできてしまうニキビなどのおいては、身体の健康状態が原因となっていることが考えられます。
中でも食生活というのは、肌への影響がとても大きい要素です。食事は外食やコンビニが多いという人や、野菜が嫌いであまり食べないという人は特に注意。必要な栄養素を食事によって摂ることができなければ、肌の健康を取り戻すこともできないのです。

方法5:睡眠時間を改める

忙しく働いている社会人の皆さんの中には、あまり睡眠時間が取れないという人も多いかもしれません。
しかし睡眠不足も、肌荒れの大きな原因の一つなのです。
「家に帰ってからテレビやスマホを見ていると、気づいたら遅くなっていた!」というのはあるあるですが、少しでも睡眠時間を増やす努力は必要かもしれません。
肌の修復は眠っている間に行われますが、その働きが最も活発化するのが22時から翌2時の時間帯だと言われています。22時に眠りにつくのはなかなか難しいという人が多いかもしれませんが、できるだけ日付が変わる前までには布団に入ることが望ましいですね。

ニキビ跡の予防方法

方法1:ニキビを自分で潰さない

膿を持ったニキビがあると、どうしても潰したくなってしまいますよね。しかし潰すタイミングが悪かったり、潰した後に正しいケアができなかったりすると、より炎症が悪化して肌にダメージが残り、後になってしまいがちです。
適切なタイミングやケアの方法を素人が実践するのはなかなか難しいので、自分で潰すことは考えずに皮膚科の先生に相談しましょう。

方法2:ニキビに触らない

ニキビができるとどうしても気になって、ついつい触ってしまうものです。しかし人の手というのは洗った後でもない限り雑菌がたくさん付着しており、それがニキビに触れると炎症がより悪化してしまう可能性があります。
ニキビ跡が残らないようニキビを重症化させないためにも、むやみに触らないよう心がけましょう。

方法3:紫外線対策を抜かりなく

ニキビを治す方法でも触れていますが、ニキビにとって紫外線は天敵とも言える存在です。紫外線はメラニン色素を合成させ、色素沈着の原因となります。ニキビの炎症が起こっている部分は特にメラニン色素が多くなっていることが多く、色素沈着タイプのニキビ跡ができてしまう可能性が高くなります。
ニキビができている箇所に日焼け止めを塗るのはためらわれるかもしれませんが、きちんと塗るようにしましょう。日焼け止めは紫外線散乱剤を使用したもので、オイルフリーのものを買うと良いです。

>>ニキビの予防法の具体的な詳細はこちら

>>ニキビの予防に効果的な化粧水はこちら

>>即効果の出るニキビ跡のケアについてはこちら

まとめ

ニキビ跡にも様々な種類があり、それぞれにできてしまう原因がありました。
ニキビの色によって段階が分かるため、黄色ニキビや紫ニキビができてしまっている人は特に、ニキビ跡ができないよう気をつける必要がありそうですね。
適切なニキビの治療やニキビ跡の予防をして、美肌を手に入れましょう!