髪の生え際にできるニキビはどう治す?

おでこや頰、フェイスラインなどに突然できるニキビですが、その中でも生え際にできてしまうととてもやっかいです。
髪の生え際にニキビができてしまうと、爪で傷をつけてしまい、雑菌が入り、膿んでしまうこともあり、ニキビ痕ができてしまいます。
そこで今回は、生え際にニキビができてしまう原因や、対策法や予防法についてご紹介していきたいと思います。

生え際にニキビができる原因とは?

まず、生え際にニキビができてしまう原因を見ていきましょう。
原因は大きく2つ挙げられます。

洗浄したときの洗い残し

まず1つ目は洗浄したときの洗い残しです。
髪を洗うときに使用したシャンプー、コンディショナー、トリートメントなどの成分や洗顔するときに使用した洗顔フォームなどのほとんどには界面活性剤が使われています。
そのため、頭皮や眉毛などに生え際に髪の毛や顔を洗うときに使用したシャンプーやコンディショナー、トリートメント、さらには洗顔フォームの成分が残っていると、肌にある毛穴をふさいでしまいます。
その結果、毛穴に入った汚れが化膿し、生え際にニキビを作ってしまいます。

繊維製品の刺激

2つ目は繊維製品の刺激です。
どんなに髪や肌を清潔に洗ったりしていても、皮脂や外気の汚れは一定量ついている状態です。
日々使い続けているタオルや敷き布団、さらには枕カバーやシーツなどの製品の繊維には、皮脂や外気の汚れなどが多く付着しています。
そのため、洗わずに使い続けていると、繊維の刺激だけではなく、顔や生え際などに皮脂や汚れが毛穴に入り込んでしまい、ニキビになってしまいます。

以上の2つが生え際にニキビができてしまう原因です。
では次に、生え際ニキビの対策方法を見ていきましょう。

生え際のニキビの対策方法とは

生え際にできるニキビへの対策方法は主に2つあります。

肌に優しい商品を使って洗う

まず1つ目は肌に優しい商品を使って洗うことです。
頭皮や髪の毛を洗うシャンプーやコンディショナー、トリートメントですが、洗浄力が強い石油系や石けん系の商品を使ってしまうと、刺激が強いではなく、生え際などの乾燥だけではなく、できてしまったニキビの悪化を引き起こしてしまいます。
そこで、髪や皮膚の元の一つであるタンパク質似た成分が多く含まれているアミノ酸系の商品を使っていきましょう。
アミノ酸系の商品を使うことで、生え際などの刺激を軽減するだけではなく、できてしまったニキビの悪化を防ぐことができます。

さらに、洗い方にもポイントがあります。
洗うときに地肌に直接つけるのではなく、手やネットでしっかりあわ立ててから洗うようにすることで、洗い残しを防いだり、肌の乾燥や毛穴詰まりを軽減できます。
そして洗った後は、生乾きしないように、タオルでしっかり水分をとり、ドライヤーで乾かすと、雑菌が繁殖しないようにすることもできます。

繊維製品を清潔に保つ

2つ目は繊維製品を清潔に保つことです。
先ほどお話ししたように、タオルや敷き布団、さらには枕カバーやシーツなどの繊維製品を使い続けていると、生え際や頭皮などに汚れが付着してしまい、雑菌ができやすくなり、その結果ニキビができやすくなってしまいます。
そこで、繊維製品を清潔に保つために、ある程度の期間で洗濯をしていく必要があります。
できることならば、繊維製品も毎日洗濯、もしくは交換することがベストですが、日々忙しく過ごす中では難しいと思います。
なので、繊維製品にタオルをかぶせるなどの対策を行い、生え際や頭皮、肌を清潔に保てるように工夫していきましょう。

以上が生え際のニキビの対策方法です。
では最後に、生え際のニキビをどう予防するのかを見ていきましょう。

生え際ニキビはどう予防するの?

生え際のニキビの予防方法ですが、2つの方法があります。

ストレスをためないようにする

1つ目はストレスをためないようにすることです。
ニキビは日々のストレスによって体内のホルモンバランスが崩れ、バリア機能の低下、ターンオーバーが乱れたところに皮脂や汚れが入ってしまうことでできてしまいます。
そのため、ストレスを解消するために日々運動や、リラックスできる時間などを設けるようにしていきましょう。
また、ストレスは睡眠不足になるとよりたまりやすくなってしまいます。
なので、睡眠時間を見直し、規則正しい生活を送るようにしていきましょう。

食生活を改善する

2つ目は食生活を改善することです。
糖分や炭水化物などを多くとってしまうといった食生活の乱れは、ビタミンが消化で消えてしまい、バリア機能の低下からターンオーバーが乱れてしまいます。
肌を整えるために、肉や魚でタンパク質、野菜などでビタミンといったようにバランスの良い食生活をするようにしていきましょう。
また、お菓子を食べるなどの間食をせず、規則正しく3食食べていくようにしましょう。

まとめ

生え際のニキビができる原因や対策方法、予防方法と見ていきましたが、いかがだったでしょうか。
日々の生活でも、傷になりやすい生え際のニキビも、しっかり対策や予防を行っていけば、少しずつ減らすことができます。
生え際のニキビができたとき、ぜひとも参考にして見てくださいね。