マイページ カート コンタクト
ピカイチの想い 商品一覧 お客様の声 ピカイチ通信 よくあるご質問

2018年01月05日スキンケア

紫外線を正しく知って、正しく防ごう!

紫外線を正しく知って、正しく防ごう!

自然老化と光老化について

今回は、紫外線がどれほどお肌に負担になり、老化につながっているのかをお話しします。もちろんニキビやニキビ跡にも深く関わっているのですよ。 お肌の老化には、自然老化と光老化があります。

肌の老化のうち、光老化が80%といわれています。ですから、光老化を予防することができれば80%の老化を抑えることができるのです。

紫外線には波長があることを知っていましたか?

長い順から、UVーA・UVーB・UVーCの3種類があります。
そのうち私たちの肌に影響を与えるのはUVーA・UVーBです。
その中で光老化になるのが、UVーA。

紫外線UV-AとUV-Bの特徴


[ダメージ]
・真皮まで届く
・エラスチンやコラーゲンを変性させ、たるみやシワを引き起こす

[サンタン]
・即時黒化を引き起こす(メラニンが濃くなる)
・常にある持続性の黒化を引き起こす
・メラノサイトを活性化させ、メラニンを作り出す量を増やす
・シミやそばかす、ニキビ跡を悪化させる

[ダメージ]
・皮膚表面にダメージを与える
・遺伝子を傷をつける(皮膚ガン)
・炎症を伴うサンバーン・ターンオーバーの乱し、角化を早め肌荒れを起こしやすくさせる

[サンバーン]
UV-Bを浴びて一時的の肌が赤くなり炎症を起こす(酷いときは水ぶくれを起こす場合もある)

[サンタン]
メラノサイトを活性化させ、黒化を引き起こし、サンバーンの炎症が消えた後から黒くなり、数ヶ月継続する場合もある・シミ・そばかす・ニキビ跡を悪化させます。

※サンバーンとは、太陽光を浴びて、肌が赤く炎症を起こす現象のことです。
※サンタンとは、太陽光を浴びて、肌が赤くなった後に黒くなる現象のことです。

肌を老化させる紫外線を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

① 日焼け止めを塗る
② 紫外線の強い時間帯を避ける
③ 日傘や帽子を活用する
④ UVカット効果のある衣服を着る
⑤ サングラスをかける

日焼け止めのSPFとPAってなに?

日焼け止めには、SPFとPAというサンケア指数があります。
このSPFとPAの測定は多くの国で同じ方法で測定をされています。

日焼け止めは生活シーンによって使い分けると効果的!

このSPFですが、高い数値の方が良いと思っていませんか?
SPF20とかSPF50とかありますが、どのように選んだら良いのでしょう。同じ価格ならSPFがお得なんて思っていませんか?

実は、数値が高いほどお肌に負担がかかってしまうのです。
日常使いならSPF15~30で十分なのです。
炎天下のアウトドアスポーツなどのシーンの場合には、SPF50などをお使いいただけばしっかりと紫外線をカットすることができます。


お肌の事を考えて、このように生活シーンで上手に使い分けることをおススメします!!

私たちの肌を老化させる紫外線。
しっかり付き合って美肌を目指しましょうね!