マイページ カート コンタクト
ピカイチの想い 商品一覧 お客様の声 ピカイチ通信 よくあるご質問

2019年09月06日背中ニキビ

女性の背中ニキビの特徴とは

女性の背中ニキビの特徴とは

女性にとってニキビができたら目立つ場所として、顔に加えて背中とあげる人も多いのではないでしょうか。

しかし顔と違い、背中にニキビができてしまう原因や予防方法がわからないという人も多いと思います。なかには、顔にはニキビができないのに、背中のニキビに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回このページでは女性の背中ニキビの原因や予防方法についてお話ししていきます。

<女性の背中ニキビの原因>

それでははじめに、女性の背中にニキビができる原因から見ていきましょう。

女性の背中ニキビの原因は大きく2つ挙げられます。

 

<ホルモンバランスが乱れる>

1つ目はホルモンバランスが乱れることです。

女性は常にホルモンバランスの変化が起き、ホルモンの影響を強く受けます。そのため、ちょっとしたことでホルモンバランスが乱れ、皮脂が過剰に分泌されることが背中ニキビにもつながります。

ホルモンバランスが乱れる要因としては、ストレス、睡眠の時間や質、食生活が乱れるといったことが挙げられます。そうなると、お肌やからだのリズムが崩れ、ニキビやその他の肌トラブルに見舞われることにつながります。

顔だけではなく、背中のお肌にも影響が出てくることから、どんどん背中ニキビができやすい土台となってしまいます。

 

 

<背中のお肌の乾燥>

背中は意識しなければ目にする場所ではないため、お肌の乾燥が進んでいても気づきにくい部分です。そのため、普段のケアがおろそかになりがちです。

また、衣類の擦れや摩擦、静電気などから大変乾燥している場合が多いです。乾燥したお肌は、バリア機能が低下しており、さまざまなお肌のトラブルが起きやすい状態です。こうした状態を放置しておくことが背中ニキビの発生にも繋がります。

 

以上の2つが女性の背中ニキビの大きな原因と言えます。

次に、背中ニキビとよく似たカビが原因でできる毛包炎についても挙げておきましょう。

背中ニキビのケアをしてもなかなか良くならない時は、もしかしたら?と考えてみることも必要かもしれません。

 

 

<背中ニキビによく似た毛包炎>

ニキビと勘違いされる毛包炎。その原因はカビです。

背中にできる毛包炎は、マラセチア菌といってもともと人間の皮膚に存在する常在菌が原因で起こります。この菌が毛穴に入り込んで繁殖し、炎症を起こすことで背中ニキビによく似た症状が起きます。マラセチア菌は、背中や胸など、汗をかきやすく皮脂が多い場所を好み、汗や皮脂をそのまま放置していると増殖してしまいます。そのため、汗をかいた後は清潔な衣類に着替え、背中は清潔に保つようにしましょう。

 

では、この原因を踏まえた上で、女性はどのように背中ニキビを予防していけばいいのか、説明していきたいと思います。

 

<女性の背中ニキビ予防方法>

女性の背中ニキビ予防方法は4つ挙げられます。

 

 

<ストレスをためない>

まず1つ目はストレスをためないことです。

ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こす最大の原因です。

ストレスが蓄積されてしまうと男性ホルモンが多く分泌され、皮脂の過剰分泌が起こり、ニキビの原因になりやすい状態になります。

そうならないためにも、日頃からストレスを解消できるような環境を作っていくことが大切です。

自分の好きなことをする時間を作ることはもちろん、運動をするなど自身にとって最良のストレス解消方法を見つけていきましょう。

ストレスを解消しリラックスできる方法を取り入れ、できるだけ穏やかな気持ちで過ごせるように心がけましょう。

 

 

<十分な睡眠をとる>

2つ目は十分な睡眠をとることです。

ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因として、ストレスと同じくらい重要なものが睡眠です。

睡眠の質が下がってしまうとお肌の回復力や血流が滞ってしまい、お肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

お肌のターンオーバーを整え、回復力をあげるためにも睡眠は大変重要です。そのために、眠る90分前に入浴をすませる、入浴後は照明を暗くする、眠りにつく前はパソコンやスマートフォンなどを遠ざけるなど、心身をリラックスさせることで、より良い睡眠をとりやすくなります。

 

 

<バランスのとれた食事をとる>

3つ目はバランスのとれた食事を摂ることです。

背中ニキビの予防には、バランスのとれた食事をとることも欠かせません。当然ですが、人のからだは食べたもので作られています。お肌も同様です。偏った食事ではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

皮脂が多く分泌する原因には、糖分や脂分を多く摂取しすぎていることも挙げられます。

そのため、背中ニキビができてきた時は、糖分や脂分を控え、ビタミン類を積極的に摂るように意識していきましょう。

特に背中ニキビに効果がある栄養素としてはビタミンB群やビタミンCなどで、皮脂の分泌抑制し、健康なお肌を作る効果があります。

いずれも日頃から摂取しやすい野菜や肉・魚などに多く含まれているので、日々の食事から工夫していきましょう。

 

 

<背中の保湿をする>

4つ目は背中もしっかりと保湿し、普段からケアすることです。

背中は、さまざまのことが要因で乾燥している場合がほとんどです。

まず背中を洗う際は、ゴシゴシと洗うのではなく優しく丁寧に洗いましょう。洗浄剤の強いボディソープを使うこともお肌の乾燥につながりますので、ボディソープ選びにも気を配りましょう。

また、洗い残しやすすぎ残しも背中の乾燥や肌荒れの原因になります。洗う順番は上から下に、洗髪後に背中を洗うようにし、十分に洗い流しましょう。

 

入浴後はお肌が思った以上に乾燥していますので、特にしっかり背中の保湿をしましょう。保湿する際は、毛穴を詰まらせないような保湿剤を使い、しっかりと背中全体が潤うように保湿をするように心がけることが大切です。

 

以上が女性の背中ニキビ予防方法です。

いずれも日頃生活している上で見直せるものが多いので、心当たりがあるものから見直していくようにしましょう。

 

 

<まとめ>

今回はなぜ女性の背中に背中ニキビができるのか、そしてどういった予防方法があるのかをご紹介していきました。

どのような原因で背中ニキビができているのか、予防方法にはどんなものがあるのかが見えてきたのではないでしょうか。

もし背中に背中ニキビができてしまったときはどうすればいいのかと迷ったときに、参考にしてもらえると幸いです。